3台で総額20億円の共演! ブガッティ「ディーヴォ」のデリバリー順調

2020年8月から始まったブガッティ「ディーヴォ」のデリバリーが順調に進んでいる。アメリカ西海岸のディーラー「ブガッティ・ビバリーヒルズ」がオーダーした4台のうち3台が揃って納車された。

ビバリーヒルズのスーパーリッチへ

 ブガッティは2021年度も順調なスタートを切った。ブガッティの正規ディーラーであるブガッティ・ビバリーヒルズからのオーダー4台のうちの3台の「ディーヴォ」が、無事にオーナーの元へと納車されたのである。

ブガッティ「ディーヴォ」が、3台揃ってサーキットラン
ブガッティ「ディーヴォ」が、3台揃ってサーキットラン

 2020年8月に最初のディーヴォがオーナーの元に届けられているが、今後数か月ですべてのディーヴォのデリバリーが完了するという。

 ディーヴォは、2018年のモントレー・カーウィークで開催されたイベント「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」でワールドプレミアを果たしたている。

 生産台数は40台のみで、車両価格は500万ユーロ(邦貨換算約6億3000万円)から。ワールドプレミアの時点ですでに完売していたハイパーカーだ。

 ブガッティがそれまで生産した「ヴェイロン」や「シロン」は、最高速400km/h以上を目標としたクルマだったが、ディーヴォはコーナリング性能を追求したハンドリングマシンを目指している点が特徴だ。

 ディーヴォに搭載されるエンジンは、7993ccのW型16気筒4ターボチャージャーで、最高出力は1500ps/6700rpm、最大トルクは1600Nm/2000−6000rpm。これに7速DSGデュアルクラッチギアボックスが組み合わされる。

 0−100km/h加速は2.4秒で、最高速度は380km/hに制限されている。空力も非常に考慮されており、ダウンフォースが高められたディーヴォは、コーナリング速度が大幅に向上し、ナルドのテストコースでシロンよりも8秒も速いタイムをマークした。

 サーキットを速く走るためのディーヴォであるので、カリフォルニア州パームデザートにあるプライベートサーキット「サーマルクラブ」において、3台揃っての最後のセレモニーランがおこなわれた。

 ブガッティ・ビバリーヒルズのゼネラルマネージャーであるティム・オハラ氏は、次のようにコメントした。

「ディーヴォのような壮大なる自動車の芸術作品が、オーダー用紙どおりの姿で私の目の前に置かれているのを見るのは、なんとも素晴らしい気分です。

 私たちのスキルと専門知識を駆使しても、1台1台のディーヴォを仕立てるのは、非常に複雑で長いプロセスを経なければなりませんでした。限定40台のうち4台のプロジェクトを実現することは非常に喜ばしいことです」

 オーナーの嗜好に合わせて仕立てられた3台のディーヴォのトータルプライスは、少なく見積もってもおよそ20億円。3台の併走となると、ドライバーやカメラマンも相当気を遣ったに違いない。

【画像】3台の総額およそ20億円! ビバリーヒルズに渡った「ディーヴォ」とは(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント