2021年爆上げ銘柄の筆頭は「カウンタック」! 誕生50周年に注目集まる

2021年、第一次スーパーカーブームでもっとも人気のあったランボルギーニ「カウンタック」は、誕生から50周年を迎える。「ミウラ」が50周年を迎えた2016年ごろから急激に価格が上がったように、カウンタックも2021年に市場価値が上がるのかどうか、最新オークションから占ってみよう。

50周年となる2021年、カウンタックが熱い!

 ランボルギーニのなかで、ここ数年もっとも大きな値上がりを見せているのは、クラッシックモデルのなかではもちろん「ミウラ」であるように思えるが、それに迫る勢いで現在人気を高めているのが、その後継車である「カウンタック」だ。

 1971年に発表されたカウンタックは、2021年に誕生から50周年を迎えることになり、さらに注目が集まっている。

●1979 ランボルギーニ「カウンタックLP400S」

第1次スーパーカーブームでは、フェラーリ「512BB」と双璧をなす人気を誇ったランボルギーニ「カウンタック」C)2020 Courtesy of RM Sotheby's
第1次スーパーカーブームでは、フェラーリ「512BB」と双璧をなす人気を誇ったランボルギーニ「カウンタック」C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 優美な曲線で描かれたミウラのボディに対して、カウンタックは、同じマルッチェロ・ガンディーニの作でありながら、あたかも空気の壁を切り裂くクサビの如きウエッジシェイプを持つモデルとして誕生した。

 それはまさに当時、世界中のカー・マニアに驚きを与えたデザインであったに違いない。そのカウンタックの価格が2018年あたりから徐々に上がり始めている。

 クラッシックカーの価値を数値化し、今後の値動きを予想するHAGIのランボルギーニ部門によれば、ミウラが10%以上の値下がりと予想されているのに対して、カウンタックは逆に若干ではあるがプラス方向の数字を発表しているのだ。これはミウラがあまりに高額になってしまった反動だろうか。

 今回RMサザビーズのロンドン・オークションに出品されたカウンタックは1979年式の「LP400S」である。LP400Sは、カウンタックとしては初のマイナーチェンジによって誕生したもので、新たに前後にオーバーフェンダーを得たことが外観上の大きな特徴だ。

 そのベースとされたのは、カナダの実業家であったウォルター・ウルフ氏が特注した、いわゆる「ウルフ・カウンタック」であったといわれ、確かに装着されているワイドなサイズ設定となったピレリ製のPゼロタイヤを見ると、それも理解できる。

【画像】痺れる! 「カウンタック」のディテールチェック!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント