コロナに翻弄された2020年「勝手にベスト3」発表! エンスーが選ぶ3台とは

2020年を総括すると、「コロナ禍」の一言に尽きてしまうが、それでも試乗する機会を得たクルマたちの中から、モータージャーナリスト武田公実氏の心に残った3台を選出してもらった。

ベントレーとロールス、どっちが好きかと問われれば……

 新型コロナ禍に全世界が翻弄された2020年には、取材のためテストドライブをおこなう機会も例年より大幅に減ってしまった。

 それでも「Stay Home」の空白期間の前後に乗せていただいたクルマたちは、最新モデルからクラシックカーに至るまで、いずれもなかなかの精鋭ぞろいだった。

 今回は、筆者が2020年になって初めて乗ることのできたクルマのなかでも、とくに印象に残ったものから新旧3台をセレクトして紹介しよう。

●ベントレー新型「フライングスパー」

ベントレーの3代目「フライングスパー」
ベントレーの3代目「フライングスパー」

 2020年の第一四半期に初めて運転する機会を得た、ベントレーの3代目「フライングスパー」は、間違いなく「心に残る」素晴らしい1台だった。

 これまでの歴代フライングスパーと同じく、ベースとなったのは「コンチネンタルGT」である。こちらも3代目を迎えたGTは、FR由来となるMSBプラットフォーム上に構築されることから、前後の重量バランスが大幅に向上。

 ロール角/ロールスピードともに緻密な制御をおこなう48Vアンチロールバーの効力も相まって、まるで良くできたFRスーパースポーツのごとく洗練されたハンドリングマナーを披露する。

 そして新型フライングスパーでは、電動式の後輪操舵システムをベントレーとしては初めて採用。この効果は目覚ましいもので、ホイールベース/全長ともコンチネンタルGTより40cm以上も長いのに、タイトコーナーでの回頭性はほとんど変わらず、気持ちよいほどにクイックな動きを、それも極めてナチュラルに体感させてくれたのだ。

 新旧ベントレーをこの上なく敬愛する筆者は、今年春に生産を終えた旧き良き「ミュルザンヌ」が大好きだった。だから、その後継車としての役割も背負うことになった新型フライングスパーに対して、いささか複雑な思いを抱いていたのも事実である。

 でも、このクルマの洗練されつつも雄々しい魅力が、筆者のちょっと悲観的な想いなどたちどころに吹き飛ばしてくれたのだ。

●ロールス・ロイス新型「ゴースト」

2世代目となるロールス・ロイス「ゴースト」
2世代目となるロールス・ロイス「ゴースト」

 実はこのクルマ、今回の企画の依頼があった時点では、「2021年に乗ってみたい」リストの筆頭にあったのだが、11月末になって突然テストドライブの機会を得たこと、そして予想以上の素晴らしさに感銘を受けたことから、「2020年、心に残るクルマ」へと軌道修正することにした。

 これまで筆者は、初代「ゴースト」の上品かつスタイリッシュなドライブフィールを高く評価し、自動車専門誌のインプレ記事でも「クルマとウィンナー・ワルツを踊るかのよう」という、少々難解な比喩表現とともに讃えてきた。

 一方、新型ゴーストは4輪駆動化や後輪操舵を採用。さらにアルミ製スペースフレームの採用によって、いわば「クルマとアルゼンチン・タンゴを踊るかのよう」な、よりダイナミックで濃密なドライブを実現していたのだ。

 軽々しくないけど軽妙洒脱。かつてのパートナーから、現在では最高の好敵手となったベントレーの「フライングスパー」と対極にあるかにも感じられる乗り味は、今年に限らずこれからもずっと「心に残る」ことだろう。

【画像】「フライングスパー」と「ゴースト」、どっちがお好み?(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント