新型「カングー」はいつ登場? 2021年に日本にやって来るフランス車を予想した

コロナ禍で輸入車市場も打撃を受けた2020年だったが、そんななかでも元気があったのがフレンチブランドだ。なかでもプジョーのコンパクトカー、新型「208/e-208」がプジョーブランドとしてはじめて日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート賞を受賞するなど、話題も豊富だった。2021年はどんなフランス車が日本にやってくるのだろうか。

コロナ禍でも好調だったフランスブランド

 新型コロナウイルス感染拡大による景気低迷により、2020年の輸入車市場は大きな打撃を受けてしまった。ここ数か月は回復の兆しを見せているものの、2020年1月から11月までの外国メーカー車新規登録台数の累計は22万7500台で、これは前年同期比84.5%と大幅なマイナスになっている。

 そんななかでも健闘しているのが、フランスのブランドだ。2020年1月-11月の登録台数はプジョーが9555台(前年同期比97.2%)、ルノーが5551台(同87.2%)、シトロエンが4237台(同113.5%)、DSが791台(同94.3%)と、どのブランドも輸入車平均を超えた数字になっている。

2021年にはどんなフランス車が日本にやってくるのだろうか
2021年にはどんなフランス車が日本にやってくるのだろうか

 2020年はフランス車のニュースも多かった。2020年6月にはDSブランド初となるフルEV「DS3クロスバック E-TENSE」、7月にはBセグメントコンパクト、プジョー新型「208/e-208」、8月にはMPVシトロエン「ベルランゴ」のカタログモデル、9月にはコンパクトSUVプジョー新型「2008」、10月にはルノー新型「ルーテシア」、11月にはベルランゴの兄弟モデル、プジョー「リフター」のカタログモデルの登場…などと、魅力あふれるニューモデルが日本にやってきた。

 そして12月、新型「208/e-208」がプジョーブランドとしてはじめて日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート賞を受賞。2020年はなにかとフランス車の話題で溢れた1年でもあった。

 2021年はどんなニューモデルが日本で登場するのだろうか。ブランドごとに見ていこう。

●RENAULT ルノー

 ルノーは、まず「メガーヌ」のマイナーチェンジモデルが登場する。これは2021年初頭、1月から2月あたりになりそうだ。外観は小変更にとどまるが、大きく変わるのは室内。メーターには10.2インチのデジタルスクリーンを採用。さらにインパネにはタブレット型の9.3インチ縦型スクリーンを配置する。

 そして2021年第1四半期にやってくるのが、BセグメントのコンパクトSUV、新型「キャプチャー」だ。

2021年春に日本にやってくるルノー新型「キャプチャー」
2021年春に日本にやってくるルノー新型「キャプチャー」

 初のフルモデルチェンジを受け2代目となる新型キャプチャーは、ルノー日産三菱アライアンスが開発した新世代CMF-Bプラットフォームを、新型「ルーテシア」に続いて採用している。スリーサイズは全長4228mm×全幅1797mm×全高1566mm、ホイールベース2639mmと、現行型より93mm全長が長く、17mm幅が広く、19mm車高が低められている。またホイールベースは34mm長くなった。

 初代となる現行キャプチャーは2013年登場以来、ヨーロッパではこのクラスのベストセラーSUVとなる人気モデルで、世界90か国以上で累計150万台以上が販売された。

 そして2021年秋以降には、新型「ルーテシア」にハイブリッドモデル「ルーテシア E-TECH」が登場する。

* * *

 注目されるのが、2020年11月に画像が公開された新型「カングー」だが、それ以降はまったく情報がない状態だ。まだボディサイズや搭載エンジンなど、詳しい情報は発表されていない。

2020年11月に画像が公開されたルノー新型「カングー」だが、2021年に日本で発表されることはない
2020年11月に画像が公開されたルノー新型「カングー」だが、2021年に日本で発表されることはない

 2021年の早い段階にはワールドプレミアされ、そのときには詳細なスペックなども発表される予定だが、現在はまだそのような状況なため、新型カングーが2021年中に日本で発表される可能性はゼロだ。

●PEUGEOT プジョー

 プジョーはプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの日本展開がおこなわれる。

 まず2021年春には、全長4450mmのミドルサイズSUV「3008」にPHEVモデルが追加される予定だ。

2021年に日本で登場するプジョーのPHEVモデル。「508SW PHEV」「508PHEV」「3008PHEV」
2021年に日本で登場するプジョーのPHEVモデル。「508SW PHEV」「508PHEV」「3008PHEV」

 フランス本国では2WD(FF)の「3008ハイブリッド225e」と、4WDバージョンの「3008ハイブリッド4 300e」の2グレードを用意するが、両方とも日本に入ってくるかは未定だ。仮に3008ハイブリッド4 300eが日本導入されることになれば、プジョーとしては唯一の4WDモデルとなる。

 搭載されるリチウムイオンバッテリー容量は13.2kWhで、EV走行距離はWLTPモードで約59kmだ。

 そんな3008PHEVに続き、2021年第4四半期には「508」「508SW」にPHEVがモデル追加される。

 こちらは11.8kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、WLTPモードのEV走行距離は最大約54km(508)、最大約52km(508SW)となる。

【画像】百花繚乱! 2021年に日本にやってくるフランス車をチェック!(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント