最強のSUV、メルセデスAMG「GLE63 S」「GLS63」日本上陸! 初の48V+ISG搭載

メルセデス・ベンツ日本は2020年12月15日、メルセデスAMG「GLE63S 4MATIC+」、「GLE63Sクーペ 4MATIC+」「GLS63 4MATIC+」の3モデルを発表、発売した。

メルセデスSUVのトップパフォーマンスモデルが登場

 メルセデス・ベンツ日本は2020年12月15日、メルセデスAMG「GLE63S 4MATIC+」、「GLE63S クーペ 4MATIC+」「GLS63 4MATIC+」の3モデルを発表、発売した。

メルセデスAMG GLS63 4MATIC+
メルセデスAMG GLS63 4MATIC+

 搭載するエンジンは、メルセデスAMG社が完全自社開発した最高出力612ps・最大トルク850Nmを発揮するAMG4リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジン「M177」型。アルミニウム製クランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度のエンジンを実現している。

 燃料を効率的に消費するために、「Comfort」モードで走行中、エンジン回転数が1000~3250rpmで低負荷の際に、2/3/5/8番の4気筒を休止する「AMGシリンダーマネジメント」も搭載している。

 ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力21ps・最大トルク250Nmを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。このISGと「48V電気システム」により、回生ブレーキによる発電をおこない、約1kWh容量のリチウムイオンバッテリーに充電する。

 エンジンが低回転時にはその電力を利用して動力補助をおこなうことで、高い効率性と力強い加速を実現。スターターが高出力な電気モーターとなることでエンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上している。

 駆動方式はメルセデスAMGが開発した四輪駆動システム「AMG 4MATIC+(4マティック・プラス)」。走行状況に応じて前:後100:0から0:100の範囲で可変トルク配分をおこなうことで、ハイパワーを4輪に配分する。また「電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフ」を装備し、走行状況に応じてロッキング機構を電子制御することでトラクションを高める。

 サスペンションにはマルチチャンバーを備えた「AMGライドコントロール+ エアサスペンション」を標準装備。コーナリング時やブレーキング時には、瞬時に硬いスプリングレートに切り替えることで、高い安定性と俊敏なハンドリングを実現。さらに走行状況に合わせて4輪それぞれを電子制御する連続可変ダンピングシステムも採用している。

 また「AMGアクティブライドコントロール」を採用。これは前後アクスルそれぞれに配されたアクチュエーターが、独立して動いて車体の安定化を図るもので、直進時にはしなやかな足まわりによる快適な乗り心地を発揮しながら、コーナリング時などではロールを効果的に抑制、快適かつダイナミックなドライビングを可能としている。

 車両価格(消費税込)は以下のとおり。

・メルセデスAMG GLE63S 4MATIC+ 1958万円
・メルセデスAMG GLE63Sクーペ 4MATIC+ 1998万円
・メルセデスAMG GLS63 4MATIC+ 2183万円

【画像】メルセデス最強SUV!「AMG63」シリーズを画像でチェック(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント