「納得できない」自工会が車保有者の税負担額に不満! 重量税が一般財源… 日本の税収14%も負担なぜ!?

自動車工業会によると、自動車ユーザーが年間に払う税金は9兆円と、日本の税収全体の14%を占めているといいます。なぜ自動車ユーザーに税負担が重くのしかかっているのでしょうか。

自動車ユーザーは税金を払いすぎている!?

 自動車工業会(以下、自工会)が税制改正要望に関するメディア向け説明会をおこないました。詳細は後述するけれど、内容を聞き、改めて自動車関連税の規模に驚きました。

 2019年実績で、自動車ユーザーが払っている年間の税金はおよそ9兆円だという。2019年における日本の税収は63兆円なので、なんと全体の14%もの税金を自動車ユーザーが負担していることになります。

クルマにかかる税負担が重くのしかかる(イメージ)
クルマにかかる税負担が重くのしかかる(イメージ)

 自工会によれば240万円のクルマを買って13年間乗ると、180万円程度の税金を払うことになるといいます。この金額は、高速道路をまったく使わないようなユーザーも含んでいます。

 私(国沢光宏)のように東京在住だと、年間の高速道路料金だけでだいたい50万円くらい払っています。13年分だとそれだけで650万円になってしまう。

 今回の記者発表で自工会は、「重量税は道路を作ったり整備するために創設されたと思っていたのに、一般財源に組み込まれた。まったく納得していない」など、驚くほど攻めます。

 自工会といえば東京モーターショーを主催するくらいの団体かと認識していたけれど、話を聞いていて「そうだそうだ、もっといえ!」という気分になりました。

 ちなみに9兆円は自動車ユーザーが支払った税金の合計であり、550万人という雇用を抱えている自動車産業まで含めれば15兆円の税金を払っているとのこと。こうなると国家税収の4分の1になります。

 いままで国にプレッシャーを掛けてなかったのが不思議なほどだと改めて感じた次第。もう少し強く出てもいいのかもしれません。

【画像】クルマは税金かかりすぎ! 自動車税を払わないと届く督促状とは(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 一般会計と特別会計というものがありまして…

  2. 高齢者という線引きでブレーキとアクセルの踏み間違いというでっち上げをうのみにして今度は高齢者以外にもサポカー補助金?
    税政ウンチク語るにゃ1000年早いわ!
    ラリー選手でありモータージャーナリストなら踏み間違いの嘘を暴くのが先だろ
    これだけ検証もせずにアクセルとブレーキの踏み間違い申告を坦々と調書に刻む事故調査もおかしいだろ。
    過去に重量税なら燃費が悪くてもハイブリッドなら免税とかおかしいだろ?
    都バスなんて総重量が14tもありながら初年度登録か初回車検が重量税免税で、たかだか1.5tにも満たないカローラのガソリン車が満額徴収なんてのはおかしいし、古い車は増税対象とかおかしいでしょ?
    自動車評論家なら様々な方面からメリハリのある評論しないとね。

  3. コジキ評論家がうぜえ。
    偉そうに。