レクサス新型「LS」発売! 乗り心地や安全性が大進化! 鏡のような新色シルバー初採用

レクサスのフラッグシップ「LS」の新型モデルが発売されました。さまざまな面が進化した新型LSとは、どのようなモデルなのでしょうか。

レクサスのフラッグシップセダン「LS」新型モデル登場

 レクサスのフラッグシップセダン「LS」の改良モデルが、2020年11月19日に発売されました。

 LSは1989年に北米で発売されて以来、30年以上にわたり90以上の国と地域で累計約87万台を販売するなど、フラッグシップとして好評を博しています。

レクサスのフラッグシップセダン「LS」の新型モデル
レクサスのフラッグシップセダン「LS」の新型モデル

 現行モデルは2017年にフルモデルチェンジした5代目で、斬新なクーペシルエットやエモーショナルな走りを実現するなど、大きな変革を果たしました。

 今回の改良モデルでは、レクサス独自の上質な走りを目指し、静粛性と乗り心地の深化を追求。パワートレインやサスペンション、シートの縫い位置など細部にまで徹底的な作り込みを実施しました。

 外観のデザインは、新たに小型3眼ランプユニットとL字を目立たせたクリアランスランプの下に、「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム(AHS)」を搭載した厚みのあるヘッドランプ形状で風格を表現。

 ブレードスキャンAHSは2019年8月のマイナーチェンジでRXに世界初採用されたハイビームシステムで、従来のAHSよりも細かい制御が可能で、ハイビームの照射範囲を広げることで、対向車や先行車を幻惑することなく、前方を認識することができます。

 リアコンビネーションランプは内部のメッキモールをピアノブラックに変更し、厚みを感じる形状に変更しています。

 さらに、サブラジエーターグリルをスクエア形状として外側に配置することで、スタンスの良さを追求するとともに、スピンドルグリルのメッシュのカラーをダークメタリックに変更し、上品さを演出しました。

 スポーティグレードのFスポーツは、ラジエーターグリルのガーニッシュをサイドまで回り込ませることで、ワイドなスタンスを強調。

 ほかにも、専用色のスピンドルグリルや20インチホイールなどを採用し、Fスポーツならではのスポーティなデザインとしました。

 また、進化した塗装技術によって、深い陰影と艶やかで鏡面のような質感を実現した新色「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定。

 シルバーは色を質感として感じ取りやすいため、カラーデザインの本質を追求するレクサスにとって重要な色域として長年開発に力を注いできたといいます。

 銀影ラスターは、レクサス最新のシルバーとして、アルミフレークを含んだ塗装の体積を凝縮させる「ソニック工法」を応用し、蒸着アルミを高濃度で敷き詰める最新の塗装技術を採用。

 鏡のように粒子感をほとんど感じさせない滑らかな質感で、周囲のわずかな光も繊細にとらえ、さまざまな表情を見せるシルバーとしました。

 内装は、日本独自の美意識に由来した世界観を取り入れるべく、銀糸を織り込んだ西陣織とプラチナ箔などの匠の技によって作られる素材を採用し、さまざまな表情を感じさせるデザインとしています。

 また、ハンドルとセンターコンソールのスイッチを黒で統一し、視認性を向上させると同時に端正な印象へ変更。仕様頻度の高いシートヒーターとステアリングヒーターの操作画面を表儒するスイッチをセンターコンソールに追加することで、操作性が向上しました。

 マルチメディアシステムは、新たにタッチディスプレイを採用するとともに、SmartDeviceLink、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応。スマートフォンを12.3インチのワイドディスプレイに連携させることで、画面操作や音声操作を可能としています。

【画像】これぞレクサスの最上級セダン! 進化した新型「LS」をチェック(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント