迫力アップの日産「エルグランド」は人気復活なるか!? 歴代オーナーは辛口評価?

2020年10月に2度目のマイナーチェンジがおこなわれた日産「エルグランド」ですが、従来モデルのオーナーに新型モデルの印象を聞いてみました。果たしてエルグランド人気は復活するのでしょうか。

元祖オラオラミニバン「エルグランド」がマイナーチェンジ

 2020年10月16日にマイナーチェンジされた日産「エルグランド」。かつては上級ミニバンの雄として高い知名度を誇り、元祖オラオラ系ミニバンとして押し出し感のあるルックスが人気でした。

マイチェンで迫力増した日産「エルグランド」
マイチェンで迫力増した日産「エルグランド」

 しかし昨今では、好調な販売を記録するトヨタ「アルファード」に差をつけられてしまっています。

 起死回生を図るべく、今回のマイナーチェンジではフロントグリルの変更など外装をリファイン。日産のVモーショングリルの内部が横基調のバーが並ぶデザインから、細かいドットが並ぶ形状のデザインへ変更され、迫力のある表情となりました。

 安全技術は、前方2台前の車両の動きを検知し回避操作が必要な場合に警報で注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」や、走行中の後側方から接近するクルマの接触を回避するようにステアリング操作を支援する「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」などを標準装備。

 さらに標識認知機能を向上させ、最高速度や一時停止の標識まで検知することで「360°セーフティアシスト」を実現しています。

 エルグランドの歴史を振り返ると、かつては月販1万台を超えるほどの大人気を博した時期もありました。

 徐々に活気付いてきたミニバンブームへ向けて、キャブオーバータイプではないミニバンとして、1997年にエルグランドはデビュー。

 初代はクリーンでモダンなフロントマスクと、3リッターディーゼルや3.2リッターガソリンエンジンを搭載した上級ミニバンでした。

 エルグランドの個性のひとつとしてFRを採用。また、スポーティな「ハイウェイスター」グレードも用意されたところも魅力とされています。

 2002年には専用プラットフォームを採用した2代目へと進化しました。

 両側スライドドアを採用し、4輪ディスクブレーキも装備。エンジンは2.5リッターと3.5リッターのガソリンエンジンが用意されています。

 駆動方式は、スペース効率を求められるミニバンとしてライバルがFFを採用するなか、初代から引き続きFRを継続採用。

 実用性よりスポーティな乗り心地を優先したのも、エルグランドファンの心をつかんだのです。

 そして2010年にフルモデルチェンジした3代目はFF化され、フロアの低床化と全高が抑えられるとともに、全長は80mm、全幅は35mm拡大。乗り心地とスペース効率が向上。

 エンジンは新しい2.5リッターと3.5リッターエンジンを搭載しています。

 現行エルグランドは発売から10年という超ロングセラーになっており、いまとなっては設計の古さを感じる部分があります。

 かつての人気ぶりを考えると、弟分ともいえる「セレナ」やライバルのアルファードと比べて販売が低迷している状況といわざるをえません。

【画像】打倒アルファード! オラオラ顔になった新型エルグランドを見る(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント