パワーはなくても乗って楽しい! 軽さが武器のMT車3選

現在、日本の自動車市場ではAT車の販売比率は98%以上といわれ、MT車の存続は厳しい状況です。それでも少なからずMT車のニーズがあり、選択肢は少なくなってしまいましたが販売は継続しています。そこで、ローパワーながら軽量で乗って楽しいMT車を、3車種ピックアップして紹介します。

パワーを使い切ってMTを操作する楽しさ満載のクルマを振り返る

 1970年代にAT車の普及が始まると、イージードライブが可能とあって爆発的に数を増やし、現在、日本の自動車市場ではAT車の販売比率は98%以上といわれています。

パワーを使い切る楽しさが味わえる貴重なMT車たち
パワーを使い切る楽しさが味わえる貴重なMT車たち

 つまり、MT車の割合は2%に満たないほどまで激減し、一部を除く各メーカーのMT車ラインナップは風前の灯火といったところです。

 一方、数少ないMT車のなかにはローパワーながら軽量で安価なモデルもあり、スポーツカーではなくても走って楽しいクルマも存在。

 そこで、パワーを使い切る楽しさが味わえるMT車を、3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「ヤリス X」

ベーシックなコンパクトカーながら6速MTが設定された「ヤリス」
ベーシックなコンパクトカーながら6速MTが設定された「ヤリス」

 2020年2月に登場したトヨタのコンパクトカー「ヤリス」には、超高性能な派生車として「GRヤリス」をラインナップしていますが、6速MT車の価格(消費税込、以下同様)は396万円からと高額です。

 しかし、スタンダードなヤリスにも6速MT車が設定されており、価格も安価に設定されています。

 ヤリスは新たな「GA-Bプラットフォーム」を採用した車両の第1弾で、軽量かつ高剛性なシャシが特徴です。外観は抑揚のあるフェンダーの造形と、力強さを演出するフロントフェイスにより、ライバルに対してスポーティさを強調。

 ボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm(Xグレード)と、同クラスとしては標準的ですが、車重は980kg(Xグレード、6速MT)と軽量です。

 パワーユニットは1リッターと1.5リッターのガソリンエンジン、1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドのラインナップで、MTは120馬力を発揮する1.5リッターガソリンのみです。

 グレード構成は「X」「G」「Z」の3つが設定され、各グレードの6速MT車の価格は、「X」が154万3000円、「G」は170万1000円、「Z」は187万1000円です。

●ルノー「トゥインゴ S」

ローパワーながらも走る楽しさはさすがフランス流の「トゥインゴ S」
ローパワーながらも走る楽しさはさすがフランス流の「トゥインゴ S」

 ルノーの歴史で、近代的なFFコンパクトカーの元祖といえるモデルが、1972年に発売された「5(サンク)」です。

 日本でもルノーのエントリーモデルとして浸透し、1993年にはさらに安価なモデルとして「トゥインゴ」が登場。1995年から日本にも正規輸入が始まると、戦略的な価格設定と個性的なデザインからヒットしました。

 現行モデルは2014年に登場した3代目で、スマート「フォーフォー」と兄弟車となっており、エンジンをリアに搭載するRRの4シーター5ドアハッチバックです。

 かつてスポーティなグレードの「トゥインゴGT」をラインナップしていましたが、2019年には販売を終え、MTモデルの「トゥインゴ ZEN MT」も続いて消滅。

 しかし、2020年2月にベーシックなグレードとして「トゥインゴ S」が発売され、MTモデルが復活しました。

 トゥインゴ Sには最高出力73馬力の1リッター直列3気筒DOHC自然吸気エンジンを搭載。ボディサイズは全長3645mm×全幅1650mm×全高1545mmと、かなりコンパクトで、車重も950kgと軽量です。

 アンダーパワーながらも軽量な車体と5速MTとの組み合わせによって、パワーを使い切る楽しさが味わえます。

 トゥインゴ Sの価格は179万円で、現行モデルの海外ブランド車では100万円台で手に入る唯一のMT車です。

【画像】走る楽しみはスポーツカーに負けない! 軽量なMT車を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 自分は120馬力でも使いきれないなw
    大半のドライバーならCVTのほうが速く走れるだろね、MTのトルク抜けは宿命だし