ホンダ新型「NSX」が登場!? 青過ぎる2021年モデルは何が変わった?

ホンダの北米向け高級車ブランド「アキュラ」が、ロサンゼルスの伝統ある市街レース「ロングビーチグランプリ」のタイトルスポンサーとなったことを記念して、「NSX」の2021年モデルのボディカラーに「ロングビーチブルーパール」を追加しました。

第1世代のNSXのカラーラインナップで、もっとも希少な色のひとつをフィーチャー

 ホンダの北米向け高級車ブランド「アキュラ」は2020年11月11日、「NSX」の2021年モデルのボディカラーに「ロングビーチブルーパール」を追加すると発表しました。

 ロングビーチブルーパールは、ロサンゼルスの伝統ある市街レース「ビーチグランプリ」のタイトルスポンサーとなったことを記念したカラーで、有名なレーストラックやコーナーにちなんで名付けられた、NSXカラーネームの長年の伝統を引き継いでいます。

2021年型アキュラ「NSX」ロングビーチブルーパール
2021年型アキュラ「NSX」ロングビーチブルーパール

 オリジナルのロングビーチブルーは、第1世代のNSXに適用されたもっとも希少な色のひとつで、2002年から2005年までの4年間で88台のクルマのみ塗装されました。

 現行モデルのNSXは、オハイオ州メアリーズビルのパフォーマンスマニュファクチャリングセンター(PMC)で手作りされており、スーパーカー市場に驚異的なパフォーマンスイノベーションを提供するというNSXの伝統を引き継いでいます。

 そして2021年モデルのNSXには、3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンに9速デュアルクラッチトランスミッション(9DCT)、および動的性能のすべての要素を強化する3つの電気モーターで構成される、スポーツハイブリッドAWD(SH-AWD)が搭載されています。

 この第2世代となるNSXは、高度な複合素材のボディとアルミニウムを多用するスペースフレームが備えられており、超高剛性でコンパクトなパッケージングと、優れた衝突安全性能を実現しました。

 2019年、アキュラはロングビーチグランプリ協会と複数年の契約を結び、ロングビーチグランプリのタイトルスポンサーになりました。

 最高のレース会場であるロングビーチで開催されるアキュラグランプリは、NTTインディカーシリーズと、IMSAウェザーテックスポーツカーチャンピオンシップをフィーチャーした、BUBBAバーガースポーツカーグランプリがメインです。

 そして、2021年4月16から18日に開催される第46回ロングビーチアキュラグランプリでは、IMSAウェザーテックスプリントカップが開催された2017年シーズン以来、初めてレースマシンの「NSX GT3」が会場に戻ってきます。

 2021型アキュラ NSXの価格は15万7500ドル (約1700万円)から。現在注文を受け付けており、2021年初頭に最初の顧客へのデリバリーが開始される予定です。

【画像】ロングビーチブルーパールに輝く2021年型アキュラ「NSX」を見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント