見た目に似合わぬ実力がスゴい! じつは高性能な車3選

一般的に高い走行性能を誇るクルマは、見た目からも実力がうかがえる外観となっています。一方で少数派ではありますが、見た目とは裏腹に、高いポテンシャルのクルマも存在。そこで、見た目以上に性能が高いクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

見た目以上に高性能なクルマを振り返る

 クルマの性能は、見た目からも推し量ることができます。たとえばホンダ「NSX」は一見して速く、スズキ「ジムニー」はそのフォルムから、悪路での走破性能が高いことがわかるでしょう。

見た目を裏切る高性能なクルマたち
見た目を裏切る高性能なクルマたち

 一般的に、クルマのキャラクターと見た目は一致するケースが多いのですが、一方で、見た目以上の実力を秘めたクルマも存在。

 そこで、見た目と裏腹に高い性能を誇るクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

●日産「プレーリーリバティ ハイウェイスターGT4」

生粋のミニバンながらスポーツユニットを搭載した「プレーリーリバティ」
生粋のミニバンながらスポーツユニットを搭載した「プレーリーリバティ」

 世の中にまだミニバンという呼び方が存在しなかった頃の1982年、日産はステーションワゴンタイプの3列シート車、「プレーリー」を発売。

 両側センターピラーレス構造のスライドドアや、超低床レイアウトによって広い室内空間を実現するなど、現在のミニバンに通じる元祖といえるクルマです。

 しかし、低い動力性能やボディ剛性の低さからセールス的には成功せず、2代目以降は「ブルーバード」をベースにした一般的なトールワゴンタイプのミニバンに生まれ変わりました。

 そして1998年に登場した3代目では、車名が「プレーリーリバティ」に改められ、純正エアロパーツ装着の「ハイウェイスター」も設定されます。

 翌1999年には「ハイウェイスター4WD」に、S14型「シルビアK’s」やU12型「ブルーバードSSSアテーサリミテッド」で採用された、日産が誇るスポーツユニットのSR20DET型エンジンを搭載する「プレーリーリバティ ハイウェイスターGT4」が登場。

 最高出力230馬力を発揮する2リッターターボエンジンは、ミニバンには少々オーバースペックと思われますが、多人数乗車でも余裕ある走りを披露しました。

 さらに、足まわりはフロントがストラット、リアがマルチリンクの4輪独立懸架を採用するなど、乗り心地の良さと高い安定性を両立します。

 しかし、人気はそれほど高まらず、2001年のマイナーチェンジでハイウェイスターGT4は廃止となり、いまとなっては非常にレアなクルマです。

●三菱「ブラボー MZ-G」

軽1BOXワゴンなのにスゴいハイメカエンジンを搭載した「ブラボー MZ-G」
軽1BOXワゴンなのにスゴいハイメカエンジンを搭載した「ブラボー MZ-G」

 現在、日本でもっとも売れているクルマといえば軽自動車です。なかでも各メーカーの主力商品といえば軽ハイトワゴン/トールワゴンですが、かつては軽自動車のワゴンといえば1BOXタイプの商用バンをベースにしたモデルが主流でした。

 そして当時、三菱も商用バン「ミニキャブ」をベースにしたワゴンタイプの「ブラボー」を、1991年に発売。

 なかでも「MZ-G」グレードには、64馬力を発揮する660cc直列3気筒DOHC15バルブターボエンジンを搭載していました。

 このエンジンは「ミニカ ダンガンZZ」にも搭載されたユニットで、1気筒あたり吸気バルブを3本、排気バルブを2本の5バルブを採用。多くの空気をエンジンに取り込むことができ、高回転化にも有利でした。

 実際にMZ-Gのタコメーターのレッドゾーンは9000rpmからで、かなりの高回転型と推測できます。

 これまで市販車で5バルブエンジンを採用したのは、国産メーカーでは三菱とトヨタ、ヤマハのみで、海外ではフェラーリとフォルクスワーゲン、アウディくらいです。

 なぜ軽1BOXワゴンにレーシングカーのようなエンジンが搭載されたのかというと、理由は単純で、当時の三菱は軽自動車の高性能エンジンは5バルブしかなく、「パジェロミニ」や「タウンボックス」などスピードとは縁遠いモデルにも搭載されていました。

【画像】見た目で騙されちゃう!? 隠れた高性能車を見る(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント