なぜ順位逆転!? トヨタ「シエンタ」超えたホンダ「フリード」の魅力とは

ホンダの主流ミニバン「フリード」は、直近でライバルのトヨタ「シエンタ」に販売台数で勝っている状態が続いています。では、そんなフリードの魅力とはなんなのでしょうか。

日本の道路に「ちょうどいい」サイズのフリード

 ホンダのコンパクトミニバンとなる「フリード」は、国内の普通車市場において、コンパクトカーの「フィット」とともに同社の売れ筋モデルです。
 
 では、フリードのオーナーは、どのような部分を評価しているのでしょうか。

2つの顔と2列/3列のタイプ。幅広いユーザーに対応出来るのが強み?
2つの顔と2列/3列のタイプ。幅広いユーザーに対応出来るのが強み?

 初代フリードは、同社「モビリオ」の後継車として2008年に登場。運転しやすいコンパクトカー並みのサイズと、ミニバンのような室内空間のゆとりを持つ「ちょうどいい」コンパクトミニバンとして誕生しました。

 現行フリードは、2016年に登場した2代目モデル。モデル展開としては、3列シート仕様のフリードと、2列シート仕様「フリード+(プラス)」を設定。フリード+は、3列目を無くすことでラゲッジスペースの積載力を向上させています。

 また、2019年にはマイナーチェンジが施され、外観デザインではフロント周りのグリルやバンパーの形状が変更され、インテリアでは木目調パネルのデザイン変更やシート表皮も刷新。

 また、同時にSUVテイストを盛り込んだ新グレード「クロスター」を追加するなど、最近のSUV人気のトレンドを上手く取り入れました。

 パワートレインは、1.5リッターガソリン車、1.5リッターハイブリッド車の2種類を設定。駆動方式は、エントリーモデル「B Honda SENSING」は2WDのみの設定となっていますが、それ以外のモデルでは4WDも選択可能です。

 トランスミッションは、ガソリン車がCVT、ハイブリッド車には7速DCTが搭載されます。燃費性能は、ガソリン車が15.6km/Lから17.0km/L、ハイブリッド車が19.8km/Lから20.8km/Lです。

 価格は、ガソリン車が199万7600円から297万2200円、ハイブリッド車が256万1900円から327万8000円となっています。

※ ※ ※

 日本自動車販売協会連合会が発表した販売台数ランキング(軽自動車をのぞく)によると、2020年上半期(4月から9月)の販売台数は3万2393台となり、全体7位を記録する人気ぶりを見せています。

 そんな好調なフリードに乗っているオーナーは、どのような評価をしているのでしょうか。

【画像】何が違う? フリード&シエンタの違いを見る!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. デジタルメーターが鬱陶しく感じるのは数字の動きが速すぎるからであり、5キロ単位でかつ0.5秒間隔で変更するタイプにすれば万人受けする。どうしても1キロ単位0.3秒間隔表示が必要ならば切替スイッチを用いればよい。

  2. 単に、シエンタを買うタクシー会社が無くなったから、購入台数が減ったと思うが。
    JPNタクシーが高いので、シエンタをタクシーに改造するという会社がありタクシー向けに改造購入していたのだろう。でも、今はJPNタクシーに補助金が出るから、シエンタの購入が減ったと思う。