オフロードを体験できるディーラー「ジャガー・ランドローバー柏」がリニューアルオープン!

「ジャガー・ランドローバー柏」が、特設オフロードコースを併設。日本にここだけでしか経験できない体験型ディーラーを紹介する。

特設オフロードコースを敷地内に完備した稀有なディーラー誕生

 2019年にグランドオープンした「ジャガー・ランドローバー柏」が、特設オフロードコースと認定中古車の大型展示場を新設した。

 2020年11月11日のリニューアルオープンに先駆け、特設オフロードコースを体験してきたので、その模様をレポートしよう。

傾斜30度のヒルクライム&ダウンを体験できる「ジャガー・ランドローバー柏 エクスペリエンスセンター」
傾斜30度のヒルクライム&ダウンを体験できる「ジャガー・ランドローバー柏 エクスペリエンスセンター」

 最新CIを採用した「ジャガー・ランドローバー柏」は、JR柏駅から北東におよそ2km、国道16号線沿いに立地する首都圏の重要拠点である。2階建ての新車ショールームと4つの作業ベイを有するサービス工場を構え、2019年10月に移転、グランドオープンを果たしている。

 今回ショールームの隣の敷地に、特設オフロードコース「ジャガー・ランドローバー柏 エクスペリエンスセンター」を新設し、認定中古車展示場も最大120台まで展示可能な広大なスペースを確保。これにより敷地面積は合わせて1万平方メートルとなり、日本最大規模の敷地を有するショールームして生まれ変わった。

 新設された特設オフロードコースには、高さ4m、傾斜30度のヒルクライムや、高さ50cmの6つのコブを持つモーグル、さらに水深90cmの池、傾斜25度のバンクが配置されており、ランドローバーが誇る傑出したオフロード走破能力を遺憾なく体感することが出来るようになっている。

 ジャガー・ランドローバー柏だけでなく、ジャガー・ランドローバー水戸/宇都宮/横浜を有する正規販売ディーラーネットワークであるミッドランズ株式会社代表取締役社長の荒井賢氏によると、新ショールームを建設する際に出た土砂の山がヒントになったという。

 その土山を見て、ランドローバーで登ることが出来るか否かという話から、実際にカスタマーに体感してもらう特設コースを思いついたのだそうだ。

 オフロードコースサイドには、テラスラウンジやドッグラン、無農薬野菜ガーデン、そしてエアストリームなども設置されているのも特徴だ。愛犬を連れてくるカスタマーも多く、ドッグランが用意されているのは非常に嬉しいポイントである。また、これらの施設を用いて、オーナー向けのバーベキューやデイキャンプイベントを企画しているとのことであったが、活用方法はこれからアイディアを出して、カスタマーの人たちが楽しめる場にしたいということであった。

 荒井賢氏は、「ランドローバーを所有していてよかったと思えるような体験を提供したい」と語っていた。

 また、ジャガー・ランドローバー・ジャパンの代表取締役社長マグナス・ハンソン氏は、カンファレンスの挨拶のなかで次のような趣旨のコメントをした。

「純粋なSUVメーカーはランドローバーしかなく、ランドローバーの真の良さはオフロードを走らなければ本当の意味で理解することができません。特設オフロードコースを敷地内に完備したディーラーは、日本だけでなく世界を見渡しても珍しく、ジャガー・ランドローバー柏は非常にユニークなディーラーです。

 カスタマーの皆様がこのジャガー・ランドローバー柏 エクスペリエンスセンターを訪れて、実際に試乗してオフロード体験をすると、必ずやランドローバーブランドをしっかりと理解してもらえるでしょう」

 当面の間は、試乗予約をした人のなかから抽選で選ばれた人のみ、特設オフロードコースを体感できるとのことだ。

【画像】体験型ディーラー「ジャガー・ランドローバー柏」をチェック!(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント