ギラツキ顔になった! ホンダ新型「オデッセイ」発表! 新旧モデルの違いはどこに

2020年11月5日にホンダは上級ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジしました。外観デザインが変更された以外にどのような部分が変わったのでしょうか。

ギラツキ顔になっただけじゃない! 実は色々変わったんです!

 ホンダは、2020年11月5日に上級ミニバンとなる新型「オデッセイ」を発表し、翌6日により発売することをアナウンスしました。
 
 今回のマイナーチェンジ前後では、どのような違いがあるのでしょうか。

新旧オデッセイはどう違う?(左:マイナーチェンジ前、右:マイナーチェンジ後)
新旧オデッセイはどう違う?(左:マイナーチェンジ前、右:マイナーチェンジ後)

 新型オデッセイに関しては、2020年9月1日に予告ティザーサイトを公開しており、正式発表の前から大きな話題となっていました。

 今回のマイナーチェンジでは、シャシやパワートレインなど基本性能には大きな変更はありませんが、外観デザインの変更や使い勝手面、安全面が刷新されています。

 なお、グレード展開ではマイナーチェンジ前に設定されていた標準仕様が廃止され、カスタム仕様の「アブソルート」に統合。さらに、ハイブリッド車は「e:HEV」へと名称変更されました。

 ボディサイズは、全長4840mm(マイナーチェンジ前に対して+15mm)×全幅1820mm(+0mm)×全高1685mm-1715mm(+1695mm-1725mm)と全長と全高が若干拡大されました。

 外観デザインは、風格あるスタイリングはそのままに、厚みのあるフードと押し出し感の強い大型グリルへ変更され、薄型のヘッドライトを採用することで、これまで以上に力強さが感じられるフロントフェイスへと進化。

 マイナーチェンジ前と比べると、フロント上部の水平形状のメッキがヘッドライトまで延びていることや、水平メッキのフロントグリルが横に広がりつつ、上側に移動していることがわかります。

 さらに、フロントバンパーの形状も車両先方への張り出しが無くなる代わりに、左右の端から端を繋ぐメッキ加飾が施されたことで、全体的にスタイリッシュで上質なデザインとなりました。

 リアは、ソリッドで立体的なリアコンビライトを採用し、横長なメッキ加飾を施すことで、ワイルドでシャープなフォルムが際立つデザインとなり、マイナーチェンジ前に装着されていたナンバープレートの下側を囲むようなメッキ加飾が無くなっています。

 また、前後のウインカーには車両の内側から外側に流れるように点灯する「シーケンシャルターンシグナル」を標準装備しました。

 内装は、上品な質感の加飾パネルを視界に入りやすい上部に配置し、また触り心地の良いソフトパッドを手の触れやすい位置に配するなど、インパネのデザインを変更。

 助手席側とインパネ中央部のエアコン送付口を上段から中段に配置するとともに、形状も四角から横長に変更しています。

 コンビメーターパネルは、マイナーチェンジ前の1眼メーターから見やすい大径2眼メーターに変更するとともに、高精細フルカラー液晶パネルを3.5インチから7インチへと拡大。アナログスピードメーターとの組み合わせにより十分な視認性を確保しています。

 また、収納面でも運転席側への格納式ドリンクホルダー追加やリッド付きインパネアッパーボックスを新たに設定するなど、室内の収納も使いやすく変更されました。

【画像】これがギラツキ顔!? 新旧「オデッセイ」を見る(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 正直あまりのかっこ悪さに驚いた。
    中身も大事だけどエクステリアも大事だよ。
    これじゃ売れないと思う。