なぜ岡山は交通事故の死亡率がワースト1に? 地域特有「ローカルルール」の危険性とは

全国の市区町村別での交通死亡事故件数において、2019年では岡山市がワースト1位でした。交通量でいえば東京の中心や大阪のほうが多いのですが、なぜ岡山市で事故が多いのでしょうか。地域特有の「ローカルルール」が原因となっている可能性が高いようです。

「ローカルルール」がある地域は死亡事故も多い!?

 全国の交通事故を調査・分析している専門機関「交通事故総合分析センター」が2020年7月、令和元年(2019年)の全国市区町村別での交通死亡事故件数が発表されました。

危険な「ローカルルール」は事故を誘発する原因に(イメージ)
危険な「ローカルルール」は事故を誘発する原因に(イメージ)

 2019年の交通事故件数は全体で38万1237件、そのうち死者数は3215人、負傷者数は46万1775人でした(出展元:交通事故総合分析センター イタルダインフォメーション No.135)。

 また、この調査結果では、東京や大阪、名古屋、福岡といった交通量が多い大都市圏で事故が集中して起きている様子はなく、ある特定の地域での死亡事故などが多いことが分かりました。

 発表された統計のなかで注目なのは、「東京都区部・政令指定都市別死者数」です。

 東京都区部や横浜市、大阪市、名古屋市における、人口1万人に対しての死亡者数は「0.10人から0.14人」に対し、政令指定都市の死者数でワースト1位になった岡山市では「0.37人」と3倍以上を記録しています。

 東京都区部の約948万7000人に対して、岡山市は70万9000人と、単純に考えても交通量も全然違うはずなのに、岡山市で人口1万人当たりの死者数多いのはなぜなのでしょうか。

 そこで思いつくのは、地域ごとにあるといわれるローカルルールの存在です。道路交通法とはまったく違う、地元ならではの走り方や暗黙の了解が横行しており、これが重大事故を引き起こしている原因のひとつだと考えられます。

 人口1万人に対する死者数を政令指定都市別に見ていくと、前述のようにワースト1位の岡山市は0.37、熊本市は0.30人、静岡市は0.24人と、ワースト3は意外な結果でした。

 また、JAFの調査による「住んでいる交通マナーが悪いと思う」ランキングでは、地元の人が自分の件の交通マナーが悪いと感じているワースト1位は香川県(80%)、次いで2位が徳島県(73.5%)、3位が茨城県(67.2%)と、これまた意外な結果となっています。

 この結果を踏まえると、交通死亡事故の比率が高い地域や運転マナーが悪いと認識している地域の多くには、その地域ならではのローカルルールが存在しているのです。

 今回、ワースト1位になった岡山市などには「岡山ルール」というご当地ルールが存在します。

「岡山ルール」とは、「右左折の意思表示を示すウインカーを直前にしか出さない」というものです。

 ウインカーを出すタイミングが遅いということは、岡山市民も認識しているようで(2016年のJAFアンケートでは91%もの岡山市民が認識)、全国ではあまり見かけない、方向指示器を出すための道路標識として「★(ウインカー)合図」が車道に描かれて注意喚起しています。

 岡山在住者は次のようにいいます。

「岡山が神戸や大阪と比較して都会でないことはみんな認識しているんです。その分、舐められたくない、初心者や運転が下手と思われたくない気持ちが強く、ウインカーを長く点灯させたくないのかもしれません。たいていのドライバーは、ウインカーはギリギリ1回点灯させるくらいで右左折しています」

※ ※ ※

 なお、ご当地ルールのなかでもっとも有名なのは、愛知県名古屋市発祥の「名古屋走り」です。

 これは、渋滞などで詰まっていると、後続車が突然脇から追い抜いて先頭に割り込んだり、信号無視をする行為です。最近では減少傾向のようですが、一部は健在していると思われます。

 名古屋には道幅の広い国道が多く、また交通量も多く、さらにはクルマを利用する機会の多い土地柄が大きく影響しているようです。しかし名古屋市在住者の認識は違うようです。

「名古屋の人はみんなマナーが悪いようにいわれるけど、実際はごく少数です。ただほかの県と比べて圧倒的にクルマ好きな人も多く交通量も多い。流れが速いだけです」

 愛知県はカスタムカーや旧車、アメ車ファンが多い土地柄ともいわれており、クルマ好きが高じて、ついヤンチャな運転をする人が多いのかもしれません。

【画像】岡山の道路に「★合図」 危険なローカルルールを見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. なんでそんなにウインカーを出したがらないのか不思議。
    一時停止ほど熱心に取り締まらない全国の警察の怠慢も原因か?と思う。

  2. 沖縄の運転も相当な酷さ。ローカルルールもさることながら、純粋に運転が下手。そして判断速度が極めて遅い。マイペースで法定速度を20キロ下回っていてもゆずり車線を譲らない。

  3. 仕事で日本各地走りまわってます。
    ウィンカー出さないのは特別岡山だけが多いとは思いません。名古屋走りに関しては大阪、横浜がズバ抜けてます名古屋なんて、まだマシですよ。

  4. 岡山市の住民です。⭐︎合図の表示を見たことありませんけど。

  5. ◯◯ルールとか書くなこんなもんルールでもなんでもない。
    気持ち悪い記事

  6. スピード違反よりも、こういった違反者を徹底的に取り締まる方が余程効果的だろうに。
    警察は取締効果の検証とかしないのか?

  7. 他県から岡山に移住して来た者です。
    岡山のウィンカーの出さなさは異常です。そのため交差点の右折時は対向車が直進するのか曲がるのか全くわからないです。
    交差点に入ってから対向車のウィンカーが出るので(出さずに曲がるアホも多数いる)、基本的に右折がめっちゃ怖いです。
    マジでこの県民性には呆れる。

  8. バカ丸出しのフェイクニュースですね。

    ワースト1位になったのは単純に高齢者の比率が高いからです。高齢化が進んだ地域ほど死亡率が高いことは国交省のデータでも明らかです。マヌケなライターがいたもんだ。

    人口10万人あたりの交通事故死者数をみてみると徳島県が最も多く5.57人、次いで鳥取県(5.54人)、香川県(4.89人)と交通事故発生件数が少ない県が上位に入っています。

    この要因の一つとして、65歳以上の高齢者の交通死亡事故があげられます。全国的に見ても高齢者の交通事故死は問題となっていて、2019年の交通事故死者数3,215人のうち高齢者は1,782人と55.4%を占めています。

    実は高齢者の交通事故者死者数は横ばい傾向なのですが、全体の交通事故死者数は減っているため、交通事故死者数に占める高齢者の割合が高くなっているのです。

  9. フェイクニュースですね。

    ワースト1位になったのは単純に高齢者の比率が高いからです。国交省のデータでも高齢者が多い地域ほど死亡率が高いと証明されています。記事書いた人は文系かな?論理的に物事を考える力が不足しているようです。

    人口10万人あたりの交通事故死者数をみてみると徳島県が最も多く5.57人、次いで鳥取県(5.54人)、香川県(4.89人)と交通事故発生件数が少ない県が上位に入っています。

    この要因の一つとして、65歳以上の高齢者の交通死亡事故があげられます。全国的に見ても高齢者の交通事故死は問題となっていて、2019年の交通事故死者数3,215人のうち高齢者は1,782人と55.4%を占めています。

    実は高齢者の交通事故者死者数は横ばい傾向なのですが、全体の交通事故死者数は減っているため、交通事故死者数に占める高齢者の割合が高くなっているのです。

  10. 記者に申し上げるがルールは法の縛りがある規則ですよ
    岡山ルールなら岡山法になるわけで、私ら線路を歩かないのはマナーではなくルールで歩いてはならない規則があるからです。
    横入りをしないマナーとルールは違いますよ

  11. 短距離移動の都市部と広大な地方でルールを統一にするのが限界なのでは?
    都市部は時間帯で信号の間隔に調整が入るなど対策されているが、
    地方は信号の変わる時間が長い傾向にあるのが要因な気がします。
    コロナの対策をみても経済優先なのだから、地方ルールを
    一概に否定せずに最新技術を生かすなど真面目に検討して
    安全性を確保すればよいのでは。

    歩行者の安全の為に運転者がストレスたまって、
    結果無謀な運転となり事故に繋がる。
    忍耐切れたら負けのような、
    人にやさしくないルールは
    時代遅れです。

  12. 愛知県に関しては名古屋市は意外と普通
    確かに流れは速いけど、マナーが悪いのは一部だけで、たいていは都市部らしく整然と走っている。
    基本的には大阪市もそうだし、大きい都市部は県のイメージと違って案外まともに走っている。
    渋滞が起こりやすいのを理解してムダなく運転できてるのかも知れない
    岡山県て自分の地元に比べたら全然田舎だと思ってなくて、むしろ岡山市とかは大きい街だと思う。
    そりゃ確かに大阪神戸と比べたら都市規模は劣るだろうけど、