7000万円超えのレクサス「LFA」 超ド派手カラーで中東に存在

限定500台の超希少車を褐色ボディに…でも意外と似合うかも

 そんなLFAですが、すでに生産は終了されており、限定500台という希少性も合わさって世界の中古車市場ではプレミア価格で取引されています。そして最近、珍しいボディカラーをもつLFAが発見されました。

 このLFAはアラブ首長国連邦の構成国「シャルジャ」にある中古車販売店から販売されています。

 生産最終年である2012年に製造されたもので、カスタムされていないノーマル状態です。

 走行距離1728kmと、ほぼ慣らし運転を終えたばかりの状態といっても良いかもしれません。

 ボディはすべて褐色に再塗装されています。なぜこのようなカラーリングにしたのかはさておき、さすがスーパーカーであるLFAは、どのような色でも圧倒的な存在感を放ちます。

 もともとLFAのイメージカラーがホワイトであったため、褐色という大胆なカラーリングに「どうしてこうなった…?」と違和感を感じる人も少なくないはず。

 ただ、アストンマーティンやジャガーなどが販売するラグジュアリースーパースポーツ路線として考えてみると、より一層存在感や高級感が増したようにも見えますので、意外とアリかもしれません。

 インテリアもレクサスらしい高級感ある内装が目立ちます。

 液晶パネルと可動式リングを組み合わせたメーターパネルやインパネ周りは、いかにもレクサスらしいともいえるデザインです。

 このLFAは至るところにオレンジの本革を採用。外から見るとウインドウ越しに見えるオレンジのシートのおかげで、より一層高級感を引き立てくれます。

レクサスの世界観を引き立てるオレンジ内装を採用している
レクサスの世界観を引き立てるオレンジ内装を採用している

 シート形状もただ乗り心地が良いように設計されているだけではなく、横Gがかかっても身体を支えてくれるよう、左右の「へり」が高められており、インパネ周りやハンドルにはカーボンが採用されているのもわかります。

 また、ペダルを見てみるとアクセル、ブレーキペダルは「オルガン式」が採用されていることもわかります。

 オルガン式は足の支点がズレにくく、微妙な踏み加減が調整できるメリットがありますので、F1やGTマシンなどレーシングカーにも採用されているのです。

 このように決して高級感だけでなくスーパーカーらしいスパルタンな部分もしっかり備えていますので、一度コックピットに乗り込むと、いかにも「俺はスーパーカーに乗っているんだ!」という感覚になるはず。

 価格は約7100万円と破格の設定。しかし全世界に500台しか存在しない貴重なスーパーカーだと考えると、このような値段になるのも無理がないとも考えられます。

 むしろ、世界に1台ともいえる特殊カラーのLFAとして考えると、どんどん高騰する中古スーパーカー市場では、決して高すぎるとはいい切れないのかもしれません。

【画像】超ド派手なLFA!? 凄すぎるその全体像をささっと見る!(9枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

7件のコメント

  1. フェアレディZみたいじゃないかい?

    • 「マイチェンしてて今はこういう顔なのか・・・」って思った!

    • 全然ド派手ではないですねぇ…
      LFA は排気音がシビレますねぇ~( 〃▽〃)

  2. そんなド派手じゃないじゃん。

  3. 令和のスープラだね。ちょっとおとなしめだが、チャラさがなくていいね。メディア向けにこのカラーリングしかなかったのか疑問。。。

  4. 何処が派手なの? 内装がランボルギーニ風なだけじゃん。

  5. ほんと華がない

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー