2021年モデルのトヨタ「カムリ」が登場! バリエーションはなんと17種類!!

北米トヨタは、ミドルサイズセダン「カムリ」の2021年モデルを発表。同車の37周年を祝福しました。

安全性を向上させながらより多くのバリエーションを追加

 北米トヨタは、誕生37年を迎えるミドルサイズセダン、トヨタ「カムリ」の2021年モデルを発表しました。

2021年型トヨタ「カムリ XLE」
2021年型トヨタ「カムリ XLE」

 2021年モデルのカムリは、快適性を重視した「LE」、「XLE」グレードのデザインを一新し、スポーツグレードとなる「SE」、「XSE」を差別化。

 新しく追加されたハイブリッドモデルのXSEには、カムリ史上もっとも燃焼効率の高いパワートレインとスポーツ性能、ラグジュアリーさが高い次元で融合されています。

 さらにロアインテークエリアがより一層際立つデザインとなり、ガソリン仕様のLEには17インチアルミホイール、XLEには18インチアルミホイールが採用されました。

 ボディカラーは、「ブループリント」が「ブルーストリークメタリック」に変更され、XSEには「スーパーソニックレッド」と「ミッドナイトブラックメタリック」のツートーンルーフの組み合わせが設定されています。

 また、すべてのグレードに、衝突被害軽減ブレーキを含む最新バージョンの「トヨタセーフティセンス2.5+」が、トヨタ車で初搭載されました。

 さらに強化された安全システムでは、歩行者検知機能付きプリコリジョンシステムが、先行車だけでなく昼間の先行自転車や低照度時の先行歩行者を検知するだけでなく、交差点進入時に対向車や歩行者を検知し、状況によっては音声や映像による警告や自動でブレーキが作動します。

 ほかにも、先行する歩行者や自転車、車両を避けながら、車線内でハンドル操作を安定させる「エマージェンシーステアリングアシスト機能」も標準搭載。加えて、先行車や対向車を検知して自動的にハイビームとロービームのヘッドライトを切り替えるオートマチック・ハイビームなども含まれています。

 室内には、7インチまたは9インチの新型フローティングマルチメディアスクリーンを全グレードに標準装備。

 XLEグレードにヘリンボーン柄のシートパターンを採用するなど、テクノロジーと豪華さがさらに高められました。

【画像】北米で発表されたトヨタ「カムリ」2021年モデルを見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント