コンパクトSUV「GLA」に最強モデル登場! メルセデスAMG「GLA 45S」日本上陸

メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、都市型SUVの「GLA」に、世界でもっともパワフルな2リッター直列4気筒エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA 45S 4MATIC+」を発表、予約注文の受付を開始した。また同時に「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC」の予約注文も開始。納車はGLA35が2020年12月ごろ、GLA45Sは同年11月頃を予定している。

421馬力と世界でもっともパワフルな2リッター直4ターボを搭載

 メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、都市型SUVの「GLA」に、世界でもっともパワフルな2リッター直列4気筒エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA 45S 4MATIC+(以下GLA45S)」を発表、予約注文の受付を開始した。

 また同時に「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC(以下GLA35)」の予約注文も開始。納車はGLA35が2020年12月ごろ、GLA45Sは同年11月頃を予定している。

メルセデスAMG「GLA 45S 4MATIC+」
メルセデスAMG「GLA 45S 4MATIC+」

 車両価格は、GLA45Sが900万円(消費税込、以下同)GLA35が707万円だ。

 GLAは2014年に発表されたコンパクトSUV。2020年にフルモデルチェンジを受けて2代目に進化、日本でも同年6月25日に、兄弟車となる「GLB」とともに上陸している。

●Mercedes-AMG GLA 45S 4MATIC+

 GLA45Sは、量産の2リッター4気筒エンジンとしては世界最高の421ps・500Nmを発揮する「M139」型2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。最大トルクを5000rpmから5250rpmの範囲で発生するなど、トルクカーブは自然吸気エンジンに近い特性を実現している。またレブリミットも7250rpmと高く、ピュアスポーツカー並みのエンジン性能を備えた。

メルセデスAMG「GLA 45S 4MATIC+」
メルセデスAMG「GLA 45S 4MATIC+」

 このエンジンは、メルセデスAMG本社のあるドイツ・アファルターバッハで、ひとりのマイスターが1基のエンジンを最初から最後まで責任を持って手作業で組み立てる生産方式を採用している。

 4WDシステム「AMG 4MATIC+」は、トルクの前後配分を状況に応じて連続可変制御。トルク配分比は前後100:0から50:50までの範囲で変化する。

 新型リアディファレンシャルに内蔵された「AMGトルクコントロール」は電子制御式多板クラッチを2つ備え、左右のドライブシャフトに接続されている。これにより、前後だけでなく左後輪と右後輪の間でも状況に応じたトルク配分をおこなうことができるようになった。結果、サーキットにおける限界でのコーナリングなどでも最適なトラクションを得ることができる。

 標準装備の「AMGライドコントロール・サスペンション」は、サスペンションを制御する3つのモードをドライバーが選択できるものだ。システムは各ホイールに対する減衰力を100%自動調整するが、この調整は連続可変式となっている。

「AMGダイナミックセレクト」には、スリッパリー/コンフォート/スポーツ/スポーツプラス/レース/インディビジュアルの6つのドライブモードがあり、ドライバーがこれを切り替えることで最適な制御に変化させることが可能だ。

●Mercedes-AMG GLA 35 4MATIC+
 
 GLA35は「メルセデスAMG 35シリーズ」の5番目のモデル。公道での気持ちの良いドライビングに焦点を当てたハイパフォーマンスモデルという位置づけになる。

メルセデスAMG「GLA 35 4MATIC」
メルセデスAMG「GLA 35 4MATIC」

 搭載されるエンジンは「M260」型2リッター直列4気筒ターボで、306ps・400Nmを発揮する。組み合わされるトランスミッションは8速AMGスピードシフトDCTで、全速度域できわめて自然な加速性能を実現している。エグゾーストシステムには自動制御のフラップを装備しており、ドライブモードに応じてサウンドの切り替えをおこなうことができる。

 4WDシステム「AMG 4MATIC」はトルク可変配分型で、前後100:0から50:50までトルク配分比が変化する。ESPがオンの場合は、4MATICシステムは「コンフォート」モードに固定されるが、ボタンを押して「ESPスポーツハンドリング」または「ESPオフ」を選択すると、すぐに4MATICが「スポーツ」モードに切り替わる。これによりアジリティが高まる。

 GLA35は5つのドライブモードを用意。センターコンソールにある「AMGダイナミックセレクト」でさまざまな状況に最適な制御を選択することができる。

 ドライブモードはコンフォート/スポーツ/スポーツプラス/スリッパリー/インディビジュアル。各ドライブモードではエンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能なほか、各モードに自動選択される「ベーシック」「アドバンスト」のふたつの「AMGダイナミクス」のモードがあり、ESPの制御を変化させる。

メルセデスAMG・GLAクラス のカタログ情報を見る

【画像】人気のコンパクトSUV「GLA」に2つのAMGモデル誕生!(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント