乗る時だけだからおトクだけど… オーナーは加入不可!?1DAY自動車保険の落とし穴とは

友人のクルマを運転するなど、クルマを所有していない人が1日単位で利用できる自動車保険が存在します。コンビニやネットなどから加入できるため、当日の申し込みも可能な1日保険ですが、実は誰でも利用できるわけではありません。

保険料は1日500円程度から

 1日だけ実家のクルマを借りたいけど、加入している自動車保険(任意保険)の年齢が対象外の契約となっている場合や、友人のクルマを運転する際などに便利なのが、1日単位で契約できる自動車保険です。

事故を起こしてしまったイメージ
事故を起こしてしまったイメージ

 1日保険はコンビニやインターネットで当日加入することが可能で、万が一の事故やトラブルの際に備えることができるほか、保険料は1日500円程度からと少額なため、気軽に利用できることが特徴です。

 例えば、東京海上日動が提供する1日単位の自動車保険「ちょい乗り保険」は、1回の申込みで最長7日分の保険加入ができ、選べるプランは「車両補償なしプラン」、「車両補償ありプラン(スタンダード)」、「車両補償ありプラン(プレミアム)」の3つです。

 車両補償なしプランは1日の保険料が500円で、事故の相手方への賠償とクルマに搭乗中のケガ等が補償されます。

 また、他人にケガを負わせてしまった場合、「対人賠償責任保険」の金額は無制限なうえ、他人の財物を破損させてしまった場合に適応される「対物賠償責任保険」も無制限で補償されます。

 さらに、相手方の財物の修理費が時価額を超えた場合の保証の最高限度額は50万円まで。

 レッカーサービスや故障時の対応もしてくれるロードアシストまで付帯しているほか、追加の保険料250円を支払うと、保障対象となる運転者(臨時被保険者)を最大3名まで追加することができます。

 車両補償ありプラン(スタンダード)の1日の保険料は1500円で、前述した補償なしプランの内容に「車両補償」を追加。借りたクルマが事故で破損した場合、最高限度額300万円まで補償してくれますが、15万円の免責負担が必要です。

 こちらもオプションとして追加保険料750円を支払うことで、最大3名まで運転者を追加できます。

 車両補償ありプラン(プレミアム)の1日の保険料は2100円。スタンダードプランと同じく車両補償が付いていますが、免責金額の自己負担金は10万円となり、さらに「弁護士費用特約」も付帯します。そのため、もらい事故に遭った場合は、1事故につき1名あたりの弁護士費用が最高限度額300万円まで支払われます。

 さらに同プランも、追加保険料1050円を支払うと、最大3名まで運転者を追加することが可能です。

 これらの保証内容を見てみると、年間で加入する一般的な自動車保険の内容と大差はないように感じます。

 一般的な自動車保険は、1年ごとに契約を更新するサービスがほとんどで、毎日運転する人も週末のみ運転する人も1年分の保険料はあまり変わりません。さらに、契約時には「本人限定や家族限定、すべての運転者」のなかから、補償の対象になる運転者や年齢条件を決定しなければなりません。

 そうなると、クルマを所有してはいるけど、年に数回しか乗らないというドライバーは、その都度1日保険に加入した方がお得ではないかと考えてしまいます。

 しかし、1日自動車保険は借りたクルマを運転することが前提のサービスであるため、運転するクルマの所有者とその配偶者は加入することができません。

 そのため、クルマを所有する場合は、必ず通常の任意保険に加入しましょう。

※ ※ ※

 クルマを所有していると、年間の任意保険は大きな負担です。

 とくに、クルマの使用頻度が少ない人にとっては、無駄な出費に感じてしまうこともあると思います。

 しかし、事故を起こしてしまった時は大惨事。事故の規模によっては、多額の補償金を自費で賄わなければなりません。

 任意保険への加入は、クルマを運転するすべてのドライバーが守るべきマナーです。万が一に備え、必ず加入しましょう。

【画像】これはエグい。色々な事故の画像を見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 1日保険で車両保証つけるには事前に登録しておかないとダメな場合があること書いたらいいかと。
    私が登録したとこは初めて利用する方は登録後1週間くらい経たないと車両保証付けられなかった。
    登録は無料だからいつでもいいから前もって登録がいいかと。