車が勝手に動き出す「自然発車」が増加! ドライバーが被害に!? 重大事故に発展しやすい訳

駐車したあとにクルマが勝手に動き出す「自然発車」による事故は、被害が大きくなる傾向があります。とくにドライバーが巻き込まれるケースが非常に高いことが特徴なのですが、それはなぜなのでしょうか。

「自然発車」の9割以上は操作ミスなどの人的要因で起こる

 クルマを停車や駐車させるとき、AT車なら「P(パーキング)」に、MT車なら「N(ニュートラル)」にしてから、パーキングブレーキ(サイドブレーキ)などをかけるのが一般的です。

 しかし、駐車したあとにクルマが勝手に動き出す「自然発車」によって、事故が起きることがあるといいます。それは一体どういうことなのでしょうか。

駐車したあとにクルマが動いてしまう「自然発車」に注意! ※画像はイメージです
駐車したあとにクルマが動いてしまう「自然発車」に注意! ※画像はイメージです

 愛知県津島市で2020年9月18日、会社員の女性が自宅の駐車場にワンボックスカーを停めて荷物を降ろしていたところ、クルマが急にバックで動き出し、止めようとした女性が塀に挟まれて、意識不明の重体となる事故が発生しました。

 全国の交通事故を調査・分析している交通事故総合分析センターによると、自然発車による事故では重大事故に発展する確率が非常に高いというデータが発表されています(出展元:交通事故総合分析センター イタルダインフォメーション No.134)。

 自然発車とは、警察が人身事故を取り扱うときに作成する「交通事故統計原票」(交通事故のデータ収集を目的とした調査票)で定義されている言葉のひとつで、「ドライバーの運転以外の原因でクルマが動き出したことによる交通事故」のことを指しています。

 交通事故総合分析センターの統計によると、2009年から2018年の10年間でこの自然発車による交通事故が2352件発生。絶対数こそ少ないものの、重傷事故が387件、軽傷事故が1803件、そして死亡事故は162件も発生しています。

 とくに2014年から2018年の5年間での死亡事故はその前の5年間より2.5倍も増加しており、交通事故全体の死亡事故率が0.8%なのに対し、自然発車による死亡事故率は約11%と格段に高いことがわかっています。

 交通事故の全体数も死亡事故数も減少傾向にも関わらず、この自然発車の死亡事故率が高いのは気になります。

 重大事故に発展しやすい自然発車は、どんな状況で起きるのでしょうか。

 まず自然発車による事故の特徴として、重傷者の約62%、死亡事故に至っては82%がドライバーと、クルマを運転して駐車した本人が重傷を負ったり死亡したりすることが、巻き込まれる歩行者より圧倒的に多いことが挙げられます。

 このデータに関して交通事故総合分析センターの想定では、ドライバーがクルマを降り、何らかの理由により動き出したクルマに気づき、止めようと努力したものの轢かれてしまう、またはそのまま電柱や壁などに挟まれてしまう可能性が高いとのことです。

 次にクルマのタイプを見てみると、自然発車するクルマは貨物車が多そうなイメージもありますが、実際は乗用タイプの普通車による死亡事故が36件ともっとも多く、軽自動車も19件あります(貨物車両では中型車が30件、軽貨物が29件)。

 重量の重い中型貨物車はもちろんですが、車両重量が重すぎるわけでもない乗用の普通車や軽自動車でも多いことが分かります。

 つまり自然発車は、一般のドライバーにも起こりうる交通事故の1種であるといえそうです。

 さらに交通事故総合分析センターの調査によると、自然発車による交通事故の原因は、車両整備不良などの車両的要因は1%、環境的要因があったのは4%にとどまり、約92%が不適切なブレーキ操作などといった操作上のミスによる人的なものだったことがわかっています。

 自然発車の事故を起こしやすい人についても、ある傾向が見られるといいます。

 自然発車は、免許取得10年以上のドライバーが約83%の割合を占めており、死亡事故や重傷事故になると90%前後になっています。

 交通事故全体では運転歴の浅い20代のドライバーが多いのに対し、自然発車の事故では熟練の60歳代ドライバーが約23%と、もっとも高い割合になっているのです。

 免許取得してすぐの初心者より運転に慣れたベテランドライバーだからこそ、気がつかないうちにブレーキ操作を誤り、動き出したクルマに慌てて対処しようとして事故になってしまうケースが多いようです。

 普段、日常的に運転しているからこその慣れによる不注意や誤操作が大きな事故に発展してしまうということなのでしょう。

※ ※ ※

 自然発車の事故が発生した場所では、勾配がついている坂道で発生することが多く、3%の勾配でも重大事故につながるケースもあるとされています。

 ベテランドライバーでも、毎日利用している駐車場でサイドブレーキの引き忘れたことで自然発車事故も報告されています。この事故を調査した交通事故総合分析センターによると、0.9%の上り勾配がついていたそうです。

 この事故例から、普段使い慣れた駐車場でも必ずしも平坦ではない可能性もあり、サイドブレーキなどパーキング用ブレーキの重要性を改めて意識する必要がありそうです。

【画像】ドライバーが被害に遭う確率が高い!? 自然発車による事故を防ぐための対策とは?(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 「P」レンジに入れていてもクルマが動いてしまう「自然発車」に注意 とありますが、本文を読んでもどこにも書いてありません。本文中のサイドブレーキの引き忘れによる事故部分は、MTかATかには触れられていないのでPレンジでサイドブレーキの引き忘れが原因なのか不明です。実際のところ本当に「P」レンジだけでは危険なのでしょうか?

    • 答えから言ってしまうと危険です。
      Pレンジは自動車のギアに止め金を噛ましているだけの割合に単純な機構です。
      この止め金に異常があったり、レバー上はPレンジであっても実際のAT内ではNレンジになっている可能性もあります。
      現行車種では解りませんが、一昔前の車ではシフトレバーとATのリンケージをワイヤーで繋いでいた車種がありました。ワイヤーの取り回し途中の金具が破損し、ワイヤーが緩んだ状態だとPに入れたつもりが…という事もあり得ます。
      自然発車とは違いますが、Pレンジでギアを止めている機構は衝突などで大きな力が加わると破損します。
      パーキングメーターなど、路上で駐車中に追突された場合、サイドブレーキをかけていないと、とんでもない距離を進んで歩行者等を巻き込むケースもあります。
      この場合、サイドブレーキを引かないで駐車した運転手にも過失が発生します。
      サイドブレーキについては、引き代が多くなったとか軽くなった等で異常も把握出来ますが、Pレンジの異常は感知しづらいですし、追突等の危険性も考えればサイドブレーキは必ずかける習慣を付けるべきです。

    • PはステップATですと4速AT全盛期にはチャチなキングピンでした。
      世間で2トン4トン車と呼ばれるトラックやマイクロバスの一部にもステップATは古くから存在してましたがポジションの一番上はPではなくRでPはありませんでした。
      これらの車の重量に耐えうるPの素材が無かった時代ですね、しかしサイドブレーキだけでは危険なのでブレーキロックと言うフットブレーキを固定して駐車時に用いる機能がPの代わりに存在してましたが標準か?オプションか?私も知りません、大型トラックのホイルPは別にしても基本には駆動輪にしか効かないPだけでは危険だと思います。

  2. クリープ無くせばいい。停止後は自動ロック。アクセル踏み込み時にロック解除発進。

  3. 他の方も書かれていますが Pレンジに入れていても動き出す理由を知りたくて読んだのに書いてないからすっきりしない!
    知っておきたいので是非補足を!

  4. 誤記ですよね。→「P」レンジに入れていてもクルマが動いてしまう

  5. トップ画像にタフトがでてますが、記事に関係ないようにお見受けいたしました。削除すべきです。
    自分の乗ってる車が危険な車なでは?と見出しと画像から記事読みましたが関係ないどころか、記事もゴミのような内容で全く真因が書かれておりません。
    素人の作文でももう少しマシなものが書けます。

  6. 原因書いてないやん!真面目に読んだのに。画像も全然関係ないし。
    ライター 金田ケイスケ
    恥ずかしすぎー
    最後まで読んでこっちも恥ずかしくなりましたよ!