ド派手顔にイメチェン!? 日産新型「エルグランド」どう進化? 新旧モデルを徹底比較

日産の高級ミニバンである「エルグランド」が2回目のマイナーチェンジを受け、大胆なフロントマスクに変更されました。新型モデルは従来モデルとどこが変わったのか、比較してみます。

エルグランド2回目のマイチェンはフロントグリルに注目!

 日産の高級ミニバン「エルグランド」が2020年10月12日にマイナーチェンジして発売されました。現行モデルは2010年に登場した3代目ですが、2014年にビッグマイナーチェンジを受けています。

 2回目となる今回のマイナーチェンジでは、どこが変わったのでしょうか。従来モデルと新型モデルを比較してみます。

左:新型エルグランド/右:従来型エルグランド
左:新型エルグランド/右:従来型エルグランド

 外観のデザインでは、フロントグリルのデザインが大きく変更しました。大型グリルというところは同じですが、従来モデルのグリルが横基調のメッキ―バーだったのに対し、新型モデルでは緻密なドットが敷き詰められたグリルになりました。

 ドットは、上部が大きく、下へいくにつれて形が変化していくデザインで、エルグランドの堂々としたスタイルをよりいっそう強調しています。

 2段構えのヘッドライトの基本的な意匠は変わりませんが、従来モデルではグリルを貫くように走るボディ同色のラインで区切られていたのに対し、新型モデルではそのラインがなくなったことからメッキパーツが配されました。

 それにともない、グリルを囲うメッキの縁取りが二重になるなど、細かい部分で変更が加えられているようです。

 なお、リアやサイドのデザインにおいては、変更はありません。

 ボディカラーは日産の新色である「ピュアホワイトパール」、「ミッドナイトブラック」、「ディープクリムゾン」など2トーンを含む全5色をラインアップしています。

 これまで設定されていた琥珀をイメージした「インペリアルアンバー」のボディカラーは廃止されました。

 内装は、インパネからドアトリムにかけて水平基調に仕立てることでワイドな広がり感を演出しています。中央のディスプレイは、従来モデルの8インチから10インチへ大型化し、ディスプレイ下部にあった操作スイッチがシンプルなデザインになりました。

 また、ディスプレイ部分のデザイン変更にともない、エアコン吹き出し口のルーバーが横基調から縦基調に変更されています。

 さらに、従来モデルでシルバー加飾が施されていたシフトレバー周りは、シンプルになったエアコンの操作ボタンなどと同じくピアノブラックでまとめられ、高級感のあるデザインになりました。

 加えて、上級モデルに装備される本革のプレミアムシートは、従来モデルとキルティングパターンを変更し、モダンな印象としています。

 なお、7人乗りは2列目シートがキャプテンシート、8人乗りは2列目シートがベンチシートとなっています。

【画像】打倒アルファード!? 新旧エルグランドを写真で見比べる(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント