ボンネットから火を噴く!? クレイジーすぎるスバル「WRX STI」爆誕!

スバルの北米法人は、もっとも奇抜な「WRX STI」を公開しました。ラリーなどで活躍するトラビス・パストラナ氏がフーニガンジムカーナビデオシリーズの次回作で駆る過激なマシンとは、どのようなものなのでしょうか。

スバルが作ったジムカーナ仕様の「WRX STI」が過激すぎる!

 スバルの北米法人は、これまでに見たこともない奇抜な「WRX STI」を公開しました。

 これは、スバルモータースポーツUSAのドライバーであるトラビス・パストラナ氏がハンドルを握るフーニガンジムカーナビデオシリーズの次回作に登場するカスタムメイドのモデルで、ラリーやラリークロスでチャンピオンを獲得した経験を生かし、ジムカーナを次のレベルに引き上げることを目的に制作されました。

ジムカーナ仕様のスバル「WRX STI」がヤバイ!
ジムカーナ仕様のスバル「WRX STI」がヤバイ!

 スバルとフーニガンは2020年5月に、2020年のジムカーナシリーズをトラビス・パストラナ氏が担当することを発表しました。

 ラリーやラリークロス、スーパークロス、フリースタイルモトクロス、NASCAR、スタントなどの分野で数十年の経験を持つパストラナ氏は、これまでのジムカーナでは実現できなかったことを可能にするクルマを作ることをスバルに依頼したといいます。

 そのためには、スバルが長年培ってきたモータースポーツの経験と、技術的なパートナーであるバーモントスポーツカーのクリエイティビティが必要とされました。

 今回制作されたWRX STIは、カーボンボディにこれまでのジムカーナでは見たこともないようなアグレッシブなエアロパッケージを装着。どの角度から見ても、究極のパフォーマンス性能を実現していることがわかります。

 カスタムメイドのボクサーエンジンやロングトラベルサスペンション、ボンネットフードには炎を噴くエキゾーストを装着するとともに、内装はパストラナ氏に合わせてレース仕様が施されました。

 パストラナ氏は、過激なマシンが誕生したことについて次のようにコメントしています。

「このWRX STIは信じられないほどです。制限のないクルマを作るという、これまでにない機会を得ましたが、エンジンやサスペンション、エアロなどすべてが無制限です。

 狂ったように速く、コントロールしやすく、ドリフトも簡単におこなえるなど、テストでは完璧でした。ジムカーナは私にとって新しい挑戦ですが、ハードルを上げたいと思っています」

スバル・WRX S4 のカタログ情報を見る

【画像】ボンネットから竹やりマフラー!? スバル「WRX STI」のワンオフモデルがヤバすぎる!(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント