超イケメン爆誕! 三菱新型「エクリプスクロス」 新顔にイメチェンで12月発売

三菱のミドルサイズSUV「エクリプスクロス」がデザインの一新、大幅な性能向上、PHEV車の追加といった進化を遂げて新たに2020年12月に発売されます。先行して10月15日から予約受注が開始されました。

デザイン一新の新型「エクリプスクロス」は何が変わった?

 三菱は、2020年12月に発売を予定しているクロスオーバーSUVの新型「エクリプスクロス」の予約注文を10月15日から開始しました。
  
 新しくなったエクリプスクロスは何が変わったのでしょうか。

デザインが一新された新型「エクリプスクロス」。イケメンから超イケメンにイメチェン!?
デザインが一新された新型「エクリプスクロス」。イケメンから超イケメンにイメチェン!?

 エクリプスクロスは2017年にグローバルで発売以来、スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合したクロスオーバーSUVとして好評を博してきました。

 今回はフロントとリヤのデザインを一新し、上質感を高めながらいっそう流麗で洗練されたフォルムとしたほか、荷室容量を拡大してSUVとしての使い勝手をさらに高めています。

 外観デザインでは、SUVの力強いパフォーマンス、人とクルマを守る安心感を表現するフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、各種ランプレイアウトの変更により、いっそう精悍でスポーティな表情とし、バンパー下部にアンダーガード風ガーニッシュを採用し、SUV としての力強さを表現。

 リヤデザインではエッジを利かせたシルエットとなるダブルガラスから、流れるようなシルエットとなるシングルガラスに変更し、より洗練されたスタイリッシュなフォルムを実現するとともに、良好な後方視界を確保。

 三方向に延びる立体的なリヤランプがこのスタイリッシュなデザインを強調しつつ、高い位置に配置することで被視認性の良さと、ひと目でエクリプスクロスと分かる独自性を持たせました。

 内装では、ブラックを基調色とし、エンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを上級グレードに採用したほか、メーカーオプションの本革シートは従来のブラックに加えてライトグレーを新たに設定。ドアトリムも同色でコーディネートし、上質でスポーティな空間としています。

 また、PHEVカテゴリーにおいて世界最多販売台数を誇る三菱「アウトランダーPHEV」から引き継いだ、ツインモーター4WD方式のPHEVモデルをエクリプスクロスに新設定。

 モータードライブならではの力強さと静かで滑らかな加速、車両運動統合制御システムS-AWCがもたらす思い通りの操縦性、軽快感と安心感でエクリプスクロスの走りの魅力を高めています。

 PHEV車が設定されることに伴い、従来存在したディーゼル車の設定が無くなりました。

 三菱の電動化技術を担当するチーフ・テクノロジー・エンジニアの百瀬信夫氏は次のように説明しています。

「PHEVは日常のほとんどをEVとして、遠出するときはハイブリッドとして利用できますので、充電の心配をすることなく、モータードライブを心ゆくまで安心して楽しんでいただけます。

 また、アウトドアレジャーでは便利な、非常時では頼もしい電力源となります。私たちは環境性能を追求するだけでなく、お客さまに安心・安全を提供するため、ツインモーター4WD方式のPHEVシステムを採用しました」

※ ※ ※

 10月15日時点では、詳細スペックやグレード展開は公表されていませんが、価格帯(消費税込)としてはガソリンモデルで約255万円から約335万円。PHEVモデルで約385万円から約450万円となっています。

 また、発売日までの予約注文期間にPHEVモデルを成約したユーザーの特典として、4種類の「選べるオプションプレゼント」を展開。

 外観デザインをさらにスタイリッシュにする「ガーニッシュパッケージ」、もしものときの安心安全に繋がる「前後ドライブレコーダーパッケージ」、アウトドアレジャーでの使い勝手を高める「アウトドアパッケージ」、自宅の充電用AC200V コンセントの設置費用を支援する「充電設備機器設置支援」から選べるとしています。

【画像】ランエボX並みの加速感!? エクリプスクロスをささっと見る!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント