BMW新型「4シリーズ」ついに日本上陸! 巨大キドニーグリル採用で3シリーズと差別化

ビー・エム・ダブリューは2020年10月16日、新型「4シリーズ クーペ」を発表、同日より販売を開始した。納車は同年11月以降を予定している。

Mパフォーマンスモデル「M440i xDrive」も同時登場

 ビー・エム・ダブリューは2020年10月16日、新型「4シリーズ クーペ」を発表、同日より販売を開始した。納車は同年11月以降を予定している。

BMW新型「4シリーズ クーペ」
BMW新型「4シリーズ クーペ」

 4シリーズは、プレミアムスポーツセダン「3シリーズ」の派生モデル。従来は「3シリーズ クーペ」という車名だったが、2013年に初代モデルが誕生、それ以来3シリーズとは別のモデルとして展開している。

 2代目となる新型4シリーズのフロントデザインは、BMWのアイコンとなるキドニーグリルを、1930年代に一斉を風靡したBMW「328」や、1960年代に登場したBMW「1600」、BMW「2002」同様に縦型のデザインを採用することで、3シリーズとはまったく異なるキャラクターを際立たせている。

 リアデザインはBMW伝統のL字型リアコンビネーションライトを採用。2シリーズ グランクーペや8シリーズと同様に立体的かつ有機的な曲線で、さらにライトまわりをブラックアウト化することでクーペらしい個性的なリアビューとしている。

 4シリーズには、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサおよびレーダーによって、制度と正確性の高い運転支援システムが装備されている。これにより、日本国内においてBMWが最初に認可を取得した「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が利用可能だ。

 これは、高速道路での渋滞時において、絶えず前方を注意するとともに、周囲の道路交通や車両状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる限りに置いて、時速60km/hまで、ステアリングから手を話して走行が可能となるものだ。

 コネクティビティにおいても大幅な進化を遂げている。「OK、BMW」と話しかけることで、車両の操作や目的地の設定が可能となった。

 また車両のキーを持たなくても、iPhoneをドアハンドルにかざすだけで車両のロック解除/施錠、さらにエンジンの始動も可能になっている。

 420iは、184ps・300Nmを発揮する2リッター直列4気筒ターボガソリンエンジンが搭載される。WLTCモード燃費は13.4km/Lだ。

 車両価格は、420iが577万円(消費税込、以下同)、420i M Sportが632万円になる。

※ ※ ※

 また同日、新型4シリーズをベースにしたMパフォーマンスモデル、「M440i xDrive」も発売された。

BMW新型「4シリーズ クーペ」(M440i xDrive)の走り
BMW新型「4シリーズ クーペ」(M440i xDrive)の走り

 M440i xDriveは、387ps・500Nmを発揮する3リッター直列6気筒ツインパワーターボガソリンエンジンを搭載、0-100km/h加速は4.5秒を実現している。またインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive(エックスドライブ)」や、Mアダプティブサスペンション、Mディファレンシャルによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現する。

 搭載されるコネクティビティや安全機能・運転支援システムは4シリーズに準ずる。

 M440i xDriveの車両価格は1025万円だ。

BMW・4シリーズクーペのカタログ情報を見る

【画像】賛否両論! 巨大キドニーグリルの4シリーズを見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント