オラオラ顔の人気は継続中? アルファードを超える強面も!? 二極化が進む背景

国産ミニバンを中心に最近のトレンドとなっている「オラオラ顔」。直近の動向はどうなっているのでしょうか。

ファンは健在も、SUVに流れるユーザー増?

 近年、ミニバンを中心に人気を集めるのが「オラオラ顔」と呼ばれる強面のフロントマスクデザインです。賛否の分かれるデザインですが、そのブームは今後も続くのでしょうか。

オラオラ顔といいつつも、迫力あるフェイスデザインは人気には変わりない。
オラオラ顔といいつつも、迫力あるフェイスデザインは人気には変わりない。

 オラオラ顔は、ミニバンを中心に採用されている威圧感のある強面なフロントマスクデザインです。

 その特徴は、大きな開口されたフロントグリルや吊り目を基調としたヘッドライト、メッキパーツを多用しているといった点が挙げられ、どのフェィスデザインも威圧感のある印象を与えています。

 近年では、各メーカーのミニバンには必ずといっていいほどオラオラ顔モデルがラインナップされており、その人気ぶりがうかがえます。

 また、ミニバン以外でも、軽自動車やコンパクトカーなどでも採用されている車種があることから、幅広いユーザー層に受け入れられていることがわかります。

 しかし、このオラオラ顔は多くのファンを持つ一方で、「ダサい」「みっともない」といった批判の声もあり、たびたび議論を呼ぶことでも有名です。

 では、賛否の分かれるオラオラ顔の現状や、今後の展望はどう見られているのでしょうか。

 直近の2020年9月の新車販売台数ランキングにおいて、オラオラ顔と称されるモデルの順位をみていきます。

 販売好調なのは、4位にトヨタの高級ミニバン「アルファード」、7位にタンクと統合した「ルーミー」、9位にトヨタの5ナンバーミニバン「ヴォクシー」、12位に日産の人気ミニバン「セレナ」、15位にヴォクシーの兄弟車「ノア」となっています。

 売れ行きではトップ20内に5車種がランクインしており、好調ぶりがうかがえます。では、実際の販売現場におけるユーザーの反応はどうでしょうか。

 オラオラ顔モデルを多数ラインナップするトヨタの販売店スタッフは以下のように話します。

「今もオラオラ顔は安定した人気があります。とくに、アルファードやヴェルファイアが、若い世代には存在感があるデザインという点、高年層には高級感があるという点で、高い評価を得ています。

 しかし、かつてほど右肩上がりではなくなったのも事実です。根強いファンがいらっしゃるのと同時に、まったくハマらないという方もいて、二極化してきている印象があります。

 また、ハマらなかったお客様のうち、SUVを購入するという人が増えています。

 最近では、存在感や使い勝手では『RAV4』、高級志向では『ハリアー』、コンパクトでは『ライズ』や『ヤリスクロス』が人気です。

 現在はSUVブームも加速しているので、オラオラ顔でなければSUV、という流れは今後も続くのではないでしょうか」

※ ※ ※

 販売台数にも現れている通り、オラオラ顔は現在も販売は好調なようです。しかし、「好き嫌い」が分かれているデザインであることも、販売店スタッフのコメントからわかりました。

 そして「嫌い」と感じたユーザーは、ミニバンではなくSUVを選んでいるようです。

 オラオラ顔の人気は今も続いていますが、SUVを筆頭にほかの選択肢が多くなっていることで、今後は「好きな人は好き」というハッキリした立ち位置になっていくのではないでしょうか。

【画像】迫力あるオラオラ顔は高級な証!? 威厳がスゴいLMなどを見る!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. オラオラ顔に乗れば煽り走行も良しとするアホが多いですね。
    法が改正されても減らない。
    圧倒的多数、アホファードが多い煽り走行は我が家のドラレコ見れば納得です。

  2. そう思います。