新車の半額以下! マクラーレン「570Sスパイダー」はユーズドを狙え!!

英国のスーパースポーツブランドであるマクラーレン。そのマクラーレンのエントリーモデルともいえるスポーツ・シリーズの「570Sスパイダー」がオークションに出品された。注目の落札価格はどれほどであろうか。

普段乗りできるマクラーレンのスポーツ・シリーズ

 イギリスのマクラーレン・オートモーティブが生産しているモデルは、「アルティメット」、「スーパー」、「スポーツ」、そして最近追加された「GT」の各シリーズにクラス分けすることができる。

日本での新車価格が2952万5000円だったマクラーレン「570Sスパイダー」は、約1300万円で落札された(C)Bonhams 2001-2020
日本での新車価格が2952万5000円だったマクラーレン「570Sスパイダー」は、約1300万円で落札された(C)Bonhams 2001-2020

 ポルシェGBが毎年開催するクリスマス・イベントの会場としても有名な、イギリスのビスター・ヘリテージでボナムスがおこなった「MPHセプテンバー・オークション」に、そのマクラーレンが登場した。

 いわゆる超高価な限定車のアルティメット・シリーズではなく、ラインナップ上はもっともポピュラーなスポーツ・シリーズの出品だったため、逆にその注目度は大いに高まった。

 実際に出品されたのは、スポーツ・シリーズのなかでもコア・モデルといえる「570Sスパイダー」。前オーナーは、ヒルクライム・イベントのレディス部門で常勝ドライバーとして知られるジョイ・フォー・レイニーだ。

 ボナムスでは事前にこの出品車の自己評価を彼女に求めた。エクステリア、インテリア、ランニングギア、電気系統、そしてボナムスが下すヒストリーのトータルポイントは、100点満点で84点という控えめなものだった。このポイントを参考に、落札を狙う参加者は実車のチェックへと臨む仕組みだ。

 570Sスパイダーのベースとなった570Sクーペは、2015年のニューヨークショーで発表されている。スパイダーなどオープントップ人気の高いアメリカでの発表は当然の策といったところだが、たしかにその効果は大きく、570Sスパイダーはライバルに対しても大きなアドバンテージを持つオープンモデルとして高い人気を博した。

【画像】スーパーカーライフ入門にもってこいの「570Sスパイダー」とは?(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント