中国でパクリ車が激減!? 日産「リーフ」や三菱「デリカ」に激似も パクリに間違えられる残念なクルマ達

スズキは少し複雑な事情がある…あのクルマに激似なモデルとは

 最後に紹介するのが、スズキ「ワゴンR ワイド」の現地生産車となる北汽昌河「北斗星シリーズ」です。

 どこか見覚えのあるフロントマスクに特徴的な箱っぽいボディで、初代ワゴンRに見えるものそのはずで、これもパクリではなく、れっきとした現地生産車の流れを汲んでいるモデル。

 北斗星は、1994年にスズキと昌河飛機工業公司の間に誕生した昌河鈴木が生産していた初代ワゴンR ワイドの現地生産車です。

スズキの初代「ワゴンR ワイド」の現地生産車となる北汽昌河「北斗星シリーズ」
スズキの初代「ワゴンR ワイド」の現地生産車となる北汽昌河「北斗星シリーズ」

 昌河鈴木は通常のワゴンR ワイドをベースとする北斗星に加え、ホイールベースを延長させた北斗星X5というモデルも販売。

 プラットフォームなどは通常のワゴンR ワイドのものを使用していますが、フロントマスクやテールライト周りはよりモダンなデザインとなっています。

 この2台はスズキが2018年に中国市場を撤退し、昌河鈴木を解散させた現在も販売が続いています。スズキ撤退後の昌河鈴木は北京汽車の傘下に入り、名称も北汽昌河へと改称されました。

 昌河鈴木時代ではスズキのエンブレムと昌河のエンブレムを装着したモデルが混在していたので、後者の方を見てワゴンRの摸倣と勘違いしてしまう人がいてもおかしくないかもしれません。

※ ※ ※

 今回、紹介したクルマ以外にも、多くの中国車が正規のライセンスを取得しているにも関わらず「模倣品」として紹介されてしまうケースをよく見かけます。

 また、まったくの独自車種で、最新のトレンドを取り入れただけなのに「中国ブランドだから」という理由で粗探しをされてしまい、ほかの車種とそこまで似てもいないのに無理矢理パクリ認定を受けてしまうケースも少なくないようです。

 もちろん、小規模メーカーの車両のなかにはいまだに、コピー車が存在するのは紛れもない事実ですが、中国市場において、違法なコピー車はもう通用しなくなりつつあります。

 クルマを評価するうえで大事なのは先入観を捨て、そのクルマが持つ本質的な部分を見ることでしょう。年々進化を遂げていく中国の自動車メーカー達が世に送り出すクルマたちに今後も注目です。

【画像】パクリではない!? 『本家』と『中国版』をささっと比較する!(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 国民的良ければそれで、ヨシ❗️

  2. 日本車も過去を振り返ればパクリのオンパレードですけどね。日本車も過去を振り返ればパクリのオンパレードですけどね。

    • その理論でいくと、メルセデス以外の車は全てパクリになってしまいますね。
      ランボルギーニの某車種のデザイナーが、日本の折り紙からインスピレーションを受けてその車種をデザインをしたそうです。これは日本人として嬉しい事です。

  3. まあ、最近の車のデザインがどれも似通っているから、パクリだとしても気にならないってのはあるな。あと、パクリだと思われてしまうのは信頼性が無い事の現れでしょう。これから数十年と積み重ねていけば、世間のイメージも変わるかもわからんが。