トヨタ新型「スターレット」21年ぶり登場の衝撃! 消滅した車名を復活させる狙いとは

トヨタグループの総合商社である豊田通商株式会社は、アフリカ市場で新型「スターレット」を発売すると2020年9月1日に発表しました。日本では1999年まで販売されていた小型車の名前が21年ぶりに復活することになります。日本メーカーの海外専売車の名前には、日本で販売していたクルマの名前を復活させている事例がほかにもありますが、その狙いはどのようなものなのでしょうか。

21年ぶりに登場! 新型「スターレット」 命名の狙いとは

 トヨタからアフリカ市場での営業業務の全面移管を受けている豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、トヨタ新型「スターレット」を同市場で発売すると2020年9月1日に発表しました。日本で1999年まで販売されていたコンパクトカーの車名が21年ぶりに海外で復活することとなります。

 スターレットのように、日本で販売されていたクルマの名前が海外で再度使用される場合が度々ありますが、その狙いとはどのようなものなのでしょうか。

豊田通商がアフリカ市場で販売するトヨタ新型「スターレット」
豊田通商がアフリカ市場で販売するトヨタ新型「スターレット」

 豊田通商は南アフリカを皮切りに、アフリカ47か国で新型スターレットを順次販売する計画です。

 新型スターレットはトヨタが新たに開発した車種ではなく、OEM車として販売されます。OEM元モデルは、スズキのインド法人であるマルチ・スズキが生産する「バレーノ」で、インドからアフリカに輸出されます。

 なお、かつてスズキはバレーノを日本にも輸出し、2020年7月頃まで販売されていました。

 豊田通商が、アフリカ市場で販売する小型車を「スターレット」と名付けた狙いは、いったいどのようなものなのでしょうか。豊田通商広報部の担当者は次のように話します。

「スターレットは英語で『小さな星』『スターの卵』を意味する言葉で、『アフリカの新車市場でスターになってほしい』という願いを込めて名付けました。

 またもうひとつの理由として、もともとスターレットという名前が現地で一定の知名度があったということが挙げられます。

 以前から、日本の中古車はさまざまな業者によってアフリカ市場へ輸出されており、品質の高さから現地で人気がありました。

 日本製のスターレットも輸出されていたことから、アフリカの人々にとってもスターレットという名前は聞いたことがあり、親しまれているのです」

※ ※ ※

 アフリカ市場で、日本の高品質な中古車として知られていたスターレットが、新車としても親しまれる存在になるのか、注目されます。

【画像】トヨタ「スターレット」21年ぶり復活! 先代とは別物? 内外装をささっと見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 1000cc 5M/Tのノーマルスターレットを、欧州時代、走らせていた。日本では視野外の車だったが、実際乗ってみると、ロードノイズはうるさかったけど、それ以外のキシミ音なんか皆無で、150km/h手前くらいまでは問題なしだった。カチッとした車だった。
    20年前くらいは、各メーカーとも、本社製造と現地製の間に、こまかいところで品質にまだ差があって、スターレットは「さすが日本製」を感じた。そんな車が、アフリカのほうに行って、ある程度の知名度が残ったのだろうと善意に解釈した。

  2. 更に先祖のパプリカを命名できないのは当時の正直トヨタの骨太ぶりに今のTOYOTAがコンプレックスを抱えてる証かな?
    車に故障は付き物?逆に故障に車が付いてると言われた時代のトヨタは輝いてたな〜
    俳優も企業も自らに疑問を抱いて立ち直ろうとする時が一番輝く時なのだ!
    車のニュースの各記者のように売り上げで企業や車を量る諸君等には一生分からん領域だ
    富士重工は大成功したSUBARU360を否定したからこそ2代目のR2の熟成、レオーネなどの名車を世に送る事ができたのだ!
    レガシィになってから水平対向は低重心と嘘をつくまではねw

  3. ずいぶん吊り目のクルマだな。