新型車は軽やSUVばかり!? セダンやワゴンの全面刷新が減少する事情とは

昨今の国産車は軽自動車やコンパクトカー、SUVが売れ筋で、多くの新型モデルが登場しています。その一方で、セダンやワゴンは新型車の登場が減っているのですが、なぜ偏りが生じるのでしょうか。

新型車が軽やSUVに偏っているのはなぜ?

 2019年以降に発売された国産車をカテゴリー別に見ると、軽自動車やコンパクトカー、SUVが多いです。

 軽自動車はダイハツ「タント」「タフト」、ホンダ「N-WGN」、スズキ「ハスラー」、コンパクトカーはトヨタ「ヤリス」、ホンダ「フィット」、SUVはトヨタ「RAV4」「ライズ」「ハリアー」「ヤリスクロス」、日産「キックス」、マツダ「CX-30」が登場しました。

国内の新型車は軽・SUVが多くを占めている
国内の新型車は軽・SUVが多くを占めている

 ミニバンも新型車は減りましたが、マイナーチェンジは定期的に実施されています。

 その一方で、セダンは車種数が豊富な割に新型車が減っています。

 2019年以降に発売されたセダンは、トヨタ「カローラ(セダン)」ホンダ「アコード」、マツダ「マツダ3セダン」程度です。

 貴重な5ナンバーセダンだったホンダ「グレイス」は先ごろ販売を終了し、トヨタ「マークX」もラインナップから削られました。

 ステーションワゴンは、セダン以上に車種数を減らしています。直近ではトヨタ「カローラツーリング」の発売に続いて、スバルも「レヴォーグ」の新型を披露しましたが、現在の国産ワゴンは、ホンダ「シャトル」、マツダ「マツダ6ワゴン」、継続生産型の「カローラフィールダー」を含めて5車種程度です。

 スポーツクーペでは、日産「フェアレディZ」の新型が披露されましたが、現行型の登場は2008年なのですでに12年を経過しています。

 日本には乗用車メーカーが8社ありますが、セダンを扱うのは5社、ワゴンは4社です。スポーツクーペは軽自動車を含めて意外に多く、6社が用意していますが、新型車は少ない状況です。

 なぜ近年の日本メーカーは、新型車をあまり発売しなったのでしょうか。また、セダンやワゴンの欠乏などカテゴリーにも偏りが生じている理由について、メーカーの商品企画担当者に尋ねました。

「いまは環境技術や自動運転の開発にも力を入れるため、以前に比べて車種数が減っています。とくにセダンとワゴンは、海外を含めて売れ行きが下がりました。逆にSUVは売れ筋のカテゴリーとして世界的に注目され、商品開発も活発です。そこで車種数を増やしています。いわゆる選択と集中です」

 国内と海外市場では、力の入れ方が異なる面もあるのではないでしょうか。この点も商品企画担当者に尋ねました。

「いまのグローバルに発展した日本車メーカーから見ると、国内は大切なホームグラウンドでありながら、市場の性格は特殊です。

 新車として売られるクルマの40%近くを占める軽自動車ですが、海外では販売できません。海外にも小さなクルマが中心の市場はあるのですが、衝突安全基準などの違いもあり、日本の軽自動車をそのまま海外で売るのは困難です。ミニバンも海外では少数派のカテゴリーだといえます。

 そうなると日本と海外の両方で堅調に売れるのは、コンパクトカーとコンパクト/ミドルサイズSUVだけです。とくにいまはSUVの人気が高く、日本で発売される新型車もSUVが中心になりました」

【画像】軽・SUV多し! 2019年以降に登場した最新モデルをチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 日本のメーカーは、輸出で儲けているから、その影響だな。
    セダン大国は今も米国で、米国に目を向ければ日本のメーカーもセダンは結構持っている。しかし、米国受け入れられた結果として、大型化が進んだ。日本で、それを売る能力がある販売店やセカンドブランドを育成してこなかった。
    欧州市場では、MBとBMWのダウンサイジングが、台数が出るCセグのセダンをほとんど消滅させてしまった。オペルやフォードですらセダンを持ってない。日本のメーカーのCセグセダンもほぼ絶滅。ラインナップにあるのはトヨタくらい?

  2. もっとセダンやワゴン、ピックアップトラックが復活してくれたら良いなァ~と思いますが、現在のドイツ車は、日本で輸入し、メルセデスベンツ、BMW、アウディが大人気です。日本のトヨタ車では、センチュリー、クラウン、カムリ、プレミオ、アリオン、カローラ、カローラアクシオのセダン位。トヨタでは、カローラツーリング、カローラフィールダーのワゴン位。日産では、スカイラインセダン位。スバルでは、インプレッサセダン位、レヴォーグのワゴン位。韓国、アメリカやタイ等では、セダンが大人気です。実に日本では、軽乗用車、コンパクト、ミニバン、SUVは、実に言い加減じゃんッ!もっと実用性や実用的な5ナンバー車位のセダンを増やしたどうやねんッ!日本では、セダンが余りにも、絶滅や多少の車種が少なくなっているから、営業的な皆も怒ってるゾォ~ッ!セダンも復活してくれしゃえェ~モンですッ!宜しくお願い致しますッ!

  3. 最近の日本車は、軽乗用車、コンパクト、SUV、ミニバンも余りにも嘗めとるッ!セダン、ワゴン、ピックアップトラックが復活したいキモチは良く分かるけれども、カルロス・ゴーンって奴の金や金融商品のせいで、余りにも独り占めし過ぎるッ!トヨタのセダンでは、センチュリー、クラウン、カムリ、プレミオ、アリオン、カローラ、カローラフィールダーが健在。トヨタのセダン(ワゴンを含む)では、クラウンマジェスタ、クラウンロイヤル、クラウンアスリート、クラウンカスタム→クラウンステーションワゴン、クラウンエステート、クラウンコンフォート、クラウンセダン、コロナマークⅡ→マークⅡ(マークⅡブリット)→マークⅩ(マークⅩジオを含む)、ビスタ、コロナ→コロナプレミオ、カリーナ(カリーナED&カリーナサーフを含む)、SAI、ターセル&コルサ→プラッツ→ベルタが絶版。レクサスのセダン、レクサスLS、レクサスISは、健在。レクサスGS、レクサスHSは絶版。日産のセダンでは、シーマ、フーガ、スカイライン、シルフィが健在。セドリックスペシャル→プレジデント、セドリック、グロリア、セフィーロ、ローレル、ティアナ、ブルーバードマキシマ→マキシマ、ブルーバード→ブルーバードU→ブルーバード→ブルーバードシルフィ、バイオレット、オースター、スタンザ、リベルタビラ、ラングレー、チェリー→チェリーFⅡ→パルサー、プリメーラ、カミノ、サニー、サニーエクセレント、ローレルスピリット、ティーダラティオ→ラティオが絶版。三菱では、デボネア、ディグニティス、プラウディア、ディアマンテ、シグマ、コルト1000~1500→コルトギャラン→ギャランL、ニューギャラン、ギャランΣ、ギャラン、エテルナΣ→エテルナ、エテルナサヴァ、ギャランフォルティス、三菱500→コルト600→コルト800~11F→ランサー、ランサーEX、ランサーフィオーレ、ランサー→ランサーセディア→ランサーが絶版。マツダでは、マツダ6、マツダ3が健在。マツダでは、ロードぺーサー、ルーチェ→センティア、ルーチェレガート、コスモサルーン、ミレーニア、カペラ、クロノス、アテンザ、ファミリア(プレストを含む)、グランドファミリア、アクセラが絶版。ユーノスでは、ユーノス800、ユーノス500が絶版。アンフィニでは、アンフィニMS-9、アンフィニMS-8、アンフィニMS-6が絶版。ホンダでは、インスパイア、セイバー、アスコット、ラファーガ、ビガー、トルネオ、コンチェルト→ドマーニ、クイント→クイントインテグラ→インテグラ(インテグラSJを含む)、バラード、シビックセダン→シビックフェリオ→シビックセダン、フィットアリア、グレイスが絶版。いすゞでは、ベレル、ヒルマンミンクス、フローリアン→アスカ、ベレット→ジェミニが絶版。スバルでは、1000~FF-1→レオーネが絶版。ダイハツでは、コンソルテ→シャレード、シャレードソシアル、シャルマン、アプローズが絶版。スズキでは、カルタスエスティーム、カルタスクレセント、エリオセダン、SX4セダンが絶版。日野では、日野ルノー→コンテッサ900→コンテッサ1300が絶版。最近の自動車は、ガソリンからディーゼル迄、ハイブリッド(ガソリン&ディーゼル)、EV、電気自動車、水素自動車が主流されてます。今後、5ナンバーセダンを復活して下さい、宜しくお願い致します。