「流れるウインカー」はもう古い!? デイライト機能も兼ねるウインカーが流行る訳

かつてのクルマのウインカーは点滅するだけでしたが、その後流れるように点灯するウインカーが流行りました。しかし最近では、デイライトとウインカーの機能を兼ねるダブルファンクションタイプが登場しました。

続々と採用される新しいタイプのウインカーとは?

 長い間、クルマに備わる純正ウインカー(ターンシグナル)はただ点滅するだけでした。しかし10年ほど前、突如として「シーケンシャルウインカー」という新しいタイプが誕生しました。

新型ハリアーに採用されたダブルファンクションのウインカー
新型ハリアーに採用されたダブルファンクションのウインカー

 シーケンシャルウインカーとは、横長のウインカーが内側から外側へ向かって流れるように光る仕掛けです。

 そのアイデアは、日本ではかつてデコトラのドレスアップとして流行したことがありましたが、量産市販車へ採用されたのは筆者(工藤貴宏)の調べた限り、2009年に発表されたアウディ「A8」でした。

 採用した理由についてアウディは、「個性を高めるほか、視認性が高くて安全につながる」と説明します。

 その後アウディの多くのモデルに採用され、2014年末の法改正では「連鎖式点灯方向指示器」として日本でも正式に認可されています(それまでは基準が定められていないグレーな状態)。

 それを受けて、レクサスやトヨタなど国産ブランドへ採用が広がり、いまではホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」など軽自動車にも採用されました。

 しかし昨今、シーケンシャルウインカーとは異なる、新たなスタイルのウインカーが増えているのです。それは、ダブルファンクションのウインカーです。

 ダブルファンクションとは、デイライトとウインカーの機能を兼ねる仕掛けで、通常はデイライトとして透明または白く点灯。

 ウインカーとして点滅する際は、オレンジに光るだけでなく、ウインカーが点滅する側のデイライトが消灯する仕掛けとなっています。

 このダブルファンクションのウインカーは、デイライトと兼ねるという機構ゆえにフロントのみに採用。

 ヘッドライトユニットに組み込まれる場合と、ヘッドライトとは独立してバンパーに備えるパターンがあります。

 ボルボやミニといった欧州車に採用されているほか、国産車で積極採用しているのがトヨタです。

 2020年6月に発売された新型「ハリアー」や「C-HR」の最新モデル、「ヤリス」「ヤリスクロス」など採用が拡大しています。

 また2020年秋にデビューするホンダ新型「N-ONE」は、ヘッドライト周囲を取り囲むように組み込まれて独自の丸目スタイルを演出したり、スバル新型「レヴォーグ」も「コ」の字のデイライトがウインカーとしての機能も果たします。

 なかには、アウディやジャガー、ランドローバーの最新モデルなど、シーケンシャルかつダブルファンクションのウインカーもあり、ますます増えそうな気配です。

【画像】目ヂカラ強め! 新型「ハリアー」のウインカーはここが光る!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

18件のコメント

  1. >インポーターや開発者に確認してみたところ、ふたつのライト機能を兼ねることで、デザインをスッキリできるというメリットがあるようですが、決定的な答えは得られませんでした。

    ボルボのトールハンマーを眺めるに、点滅する性格をもつウインカー側の視認性を確保するためにデイライトを消灯させるんじゃないかな。

  2. ウインカーが基本的に何のためにあるのかデザイン?いや、自己の意思表示のためでしょう。フロントのウインカーはわかるかな?でも、後ろのウインカー昼間にわかるんでしょうか?小さくて見落としそうですね。理由としてはLEDによって小さくできてしまうのでデザインが優先的になり視認性が後回しになっているのでしょうね。法的には義理セーフなんでしょうね。法が追い付いていないのが現実的でしょうね。新しいハリアーの後ろを走るときは皆さん普通以上に車間距離を空けましょう。

  3. 510ブルーバードや230を知らないんですね

  4. 510ブルーバードや230グロリアを知らないんですねぇ

  5. 昔のクルマがそうだった。赤いテールランプがついている状態でブレーキを踏むと更に濃くなり、ウインカーをつけると濃淡に点滅する仕組みだった。

  6. たしか、昭和46年頃までは純正でありましたよね??
    ただ、赤色でしたけど!
    初めての車が、お下がりの230セドリックだったので覚えてます。

  7. 日本の車両法ではウインカーは点滅しなくてはいけない。
    個人で改造したもの以外、市販車で明滅するウインカーはないと思う。
    また510のウインカーも、一斉に消灯することで法的に流れるウインカーが実現できたと記憶。

  8. 510ブルーバードや230とかよく調べてから言ってね!!
    デコトラのドレスアップだって?
    よく調べたのかなぁ?!!
    だいたいデコトラだってかつてじゃなくて今でもガッツリリレーさせとるよ!!
    もっと車の歴史や現状も勉強してね。
    チャンチャン

    • 上から目線

  9. 昔の510ブルーバードとか初代のローレルにも流れるウインカーがありましたよ。評論家のくせに何も知らないんですね。よく調べてから記事にしてください。

    • 上から目線

  10. 何を言っている? シーケンシャルウインカーは昭和の頃、初代日産ローレルが最初だったと思うが? 

    • 上から目線

  11. 流れるのが良い悪いは別として、
    デイライトそのものが点滅するのはダサイと思う。

  12. 最近のクルマはデザイン優先でウインカーの目的を明らかに軽視している。まずLED化で面で点灯させる事が、不可能ではないと思いますが安易に線一本、これでは見落としてしまいます。乗用車だけでなく大型トラックも、これが事故の原因になればこれは製造販売者の責任だと思います。更にテールランプ、ウインカーの小型化、特にドアミラーウインカー、昼間時など点滅点灯しているのか全然わかりません。やはり点灯点滅させる面積が必要です。そしてサイドから認識できない位置にあるクルマも多い。オートバイもレーサーの様にカッコ重視ヘッドライトを小型LED化、ライダーからの明るさは確保しているけど周りから認識されているか?事故はお互いの見落とし勘違い過失。自分だけ気をつけていても相手に見落とされて、という場合もあります。なので私は乗用車運転時は小さなトンネルでも晴れた日でも山道の木漏れなどカーブミラーに写らないと思ったらヘッドライトをつけます。オートバイで走行中対向カーブから黒の乗用車にビックリします。(センター割っているわけではないけど明るい所から暗い所そして黒色まるでステルス)雨の高速追い越し車線走る時もヘッドライトオンです。ミラーにポジションでは写りません。どんな車両であれ自分の存在と行動の意思を周りに認識させる事ができないようなクルマは欠陥車と思います。性能デザイン衝突安全性よりも事故後の安全性よりも予防安全性、しっかり意思表示できるクルマで事故予防お願いします。

    • ホントに調べたんですかね?
      デコトラ?
      他のオーサーも述べているが、日産が古くからやっている。
      グレーゾーン?
      運輸省が暴走族対策の為に、行政指導で禁止しました。
      長年その状態が続きましたが、ある日アウディがシーケンシャルウインカーを持ち込んだ為、慌てて法律化しただけ。
      認めなかったらECEから制裁措置がくるので、イヤイヤ認めたんですよ。
      自動車雑誌編集経験者ならば、知っているべき基本情報です。
      白井国交相の台詞を、貴殿に申し上げておきます。

  13. 筆者さんへ
    日産ブルーバード510クーペ 1600SSS(スリーエス)のテールランプは片側3連(赤一色)の流れる(シーケンシャルとは言わなかった)ウインカーが50年以上昔にありましたが。調べました?
    よく調べてね。ネットで文字にしちゃうと一生残るよ。

  14. ホントに調べたんですかね?
    デコトラ?
    他のオーサーも述べているが、日産が古くからやっている。
    グレーゾーン?
    運輸省が暴走族対策の為に、行政指導で禁止しました。
    長年その状態が続きましたが、ある日アウディがシーケンシャルウインカーを持ち込んだ為、慌てて法律化しただけ。
    認めなかったらECEから制裁措置がくるので、イヤイヤ認めたんですよ。
    自動車雑誌編集経験者ならば、知っているべき基本情報です。
    白井国交相の台詞を、貴殿に申し上げておきます。