トヨタ「ヤリスクロス」弱点は3つ? それ以外は全て褒められる!? 街中での魅力とは

2020年8月31日に発売されたトヨタの新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」。自動車ジャーナリストの国沢光宏氏が公道での魅力や、気になる3つの弱点を紹介します。

新型ヤリスクロスは優等生!? 気になる3つの弱点

 トヨタ「ヤリスクロス」の売れ行きが好調だという。2020年9月中旬時点で人気グレードは納期3か月とのこと。
 
 今回は、公道でジックリ試せたのでレポートしてみたいと思う。といってもヤリスクロスって「優等生」のため、良い評価になりがち。最初にガツンと弱点を指摘しておきたい。

ガソリン車の4WDやハイブリッド車のE-foruは共に、高い悪路走破性を持っている
ガソリン車の4WDやハイブリッド車のE-foruは共に、高い悪路走破性を持っている

 弱点の筆頭はリアシートでしょう。基本的にコンパクトカーの「ヤリス」とキャビンスペースが同じだから、ホンダ「ヴェゼル」や日産「キックス」と比べたら狭い。いや、格下のトヨタ「ライズ」より窮屈です。

 ただ本当に狭く感じるヤリスより座面が20mm高く、ドア開口面積も天地方向に高いため、身長183cmの筆者(国沢光宏)でも何とか座れる。ディーラーで実車チェックし、ぜひ競合車と比べて欲しい。

 ふたつ目に乗り心地を挙げておく。「RAV4」や「カローラ」など最近のトヨタ車は乗り心地が滑らかになったが、ヤリスクロスの場合、路面からの突き上げ感を残す。

 決定的に悪いというほどじゃないまでも、ヴェゼルやキックスと比べたって厳しい。もちろんガマン出来ないほど揺さぶられるわけじゃないから、これまた確認してみたらいいだろう。

 みっつ目は3気筒エンジン。振動など問題ないレベルながら、普通のエンジンだとアクセルを少し大きく開けた加速時に音が賑やかです。ハイブリッドはむしろエンジン音を聞かせるようになっているため、賑やかでも気にならない。

 ガソリンエンジンを考えているなら、少し速度域の高いところで追い越し加速してみて欲しい。スポーティだと思うなら問題なし。

 この3点さえ許容出来るのなら、残りすべてを褒めてもいい。都市部でも取り回しに困らないコンパクトなボディで、しかも燃費抜群に良く、絶対的な動力性能だって十分確保されています。

 安全性は極上。ハイブリッドの走行用電池を守るべくボディ後部が強固な構造になっており、激しく追突されても生存区間が潰れることなし。

【画像】メッチャひろーい! ヤリスクロスの荷室をささっと見る!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント