AT車全盛の日本でMT車は絶滅危惧!? あえて乗りたいMT車のメリットとは

AT車が全盛の日本において、わずかながらMT車は存在します。新車販売のほとんどがAT車となるなかで、あえてMT車に乗る意味やメリットとは、どのようなことなのでしょうか。

運転が楽しい! MT車のメリットとは?

 近年では新車販売台数の98%以上が2ペダルのAT車となっているほど、日本はAT大国となりましたが、同時にMTへこだわりを持つユーザーも存在します。

マイチェンで形状変更されるホンダ新型「シビックタイプR」のMTシフト
マイチェンで形状変更されるホンダ新型「シビックタイプR」のMTシフト

 また、普通車の8割以上にMT車を設定するマツダや、2019年9月に登場した「カローラシリーズ」をはじめ、さまざまな車種にMT仕様を用意するトヨタなど、MT車を積極的に導入するメーカーも増えています。

 販売されるほとんどの新型車がAT車という現状ですが、それでもMT車を運転するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

●運転が楽しい

 クルマ好きにとっては運転すること自体が楽しいことですが、自らの意思でクラッチペダルを踏み込み、ギアを選択して走るということは、運転の楽しさをより引き上げてくれます。

 現代の進化した2ペダル車であれば、サーキットなどでの変速スピードをとっても3ペダルのMTよりも速く、またクラッチ操作がない分、運転に集中できてラップタイムも速くなるでしょう。

 しかし公道を走行するときに速さは重要ではありません。それよりも回転を合わせて気持ちよくシフトダウンできたとか、あえて低いギアを選択して加速感やサウンドを楽しむといった感覚的な楽しさこそが重要であり、それを享受できるのがMTといえるのです。

●誤操作時のリスクが低い

 ここ数年で耳にすることが多くなった「アクセルとブレーキの踏み間違い」による事故は、社会問題にもなっています。

 自動車メーカーも、新型車に誤発進抑制機能を付けるだけではなく、すでに販売済みの車両に後付けで誤発進抑制機能を備えることができるようにもなってきています。

 しかし、そもそもクラッチペダルが存在するMT車であれば、クラッチを切っていればアクセルを誤って踏み込んだとしても空ぶかし状態になるだけで急発進することはないでしょう。

 その際に万が一ブレーキペダルから足が離れていたとしても、よほどの急坂でない限り、極端にクルマが動くことはありません。

 また、クラッチペダルの操作を誤った場合でも、ほとんどの場合はエンストするだけで回りに危害を加えるほどの事態にはなりにくいと考えられ、誤操作時の安全マージンはMT車のほうが高いといえるでしょう。

●トラブルリスクの低さ

 過走行のAT車や、デュアルクラッチトランスミッション(DCT)などと呼ばれる2ペダルMT車の場合、それなりの頻度でトランスミッションのトラブルが発生することがあるといわれています。

 変速ショックが大きくなっただとか、変速をしなくなっただとか、ひどいときにはギアが噛みこんでしまって全く動かせなくなったとか、さまざまなトラブルがありますが、そうなると走行できなくなってしまうだけでなく、修理にもかなりの費用がかかってしまいます。

 一方MT車の場合は、クラッチ周りの消耗品関係のトラブルが発生しても、交換すれば何事もなかったかのように復活することがほとんど。

 トランスミッション内部の破損などは、サーキット走行など高負荷時でない限り耳にすることほとんどもなく、耐久性の面でも修理費用の面でもMTのほうが有利となっています。

【画像】世界初公開のフェアレディZも! MTで操りたいモデルをチェック(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. AT車全盛の日本でMT車は絶滅危惧!? の記事の中に「坂道発進」について有りましたが、坂道発進はサイドブレーキを使うのが当たり前、教習所でもそう教えられます。
    記事の最初の方に両足だけで発進する記述が有りましたが、安全を考えるとアイドリングトルクや車重やギア比にもよりますが、1%勾配でもなかなか微妙だと思います。
    サイド合わせが面倒ならMTには乗らないことです。
    小生、安全な場所でヒール&トゥでの坂道発進を練習した事も有りましたが、走行中のヒール&トゥよりはるかに難しく、それ以来必ずサイド合わせで発進しています。

  2. いつもこの手の記事で多いのが、「MT=楽しい・AT/CVT=つまらない」という思い込みで書く。
    特に自動車評論家や自動車関係のライターがその傾向が強い。
    その偏見は、「自分はMT車が運転できる」というつまらない優越感からくるものだろうか?
    別に、AT/CVT車でもクラッチ操作がなく、安全に運転できる人が多い。
    このような、MT車の運転が優れているという、つまらない優越感でのくだらない記事は、辞めてほしい。
    それよりも、安全にAT/CVTを運転したり、AT/CVTでスポーツ走行する記事を掲載した方がまだよい。

  3. 明確に価格差つけてくれたら、私のようなM/T経験が長い貧乏定年者は、購入するよ。ラッシュ時なんか車に乗る必要ないし。20年ほど前までM/T乗っていたけど、購入理由は価格差だけ。