ボルボはなぜ今後登場する全モデルを電動化する? やむにやまれぬ欧州の事情

2020年8月25日、ボルボのPHEV「XC40リチャージ プラグインハイブリッドT5」が日本に上陸した。このようにボルボは、2019年以降に発売するすべてのモデルに電気モーターを搭載すると発表している。なぜボルボは電動化戦略に突き進んでいくのだろうか。

欧州では2021年からCO2排出量を95g/kmへと規制される

 スウェーデンに本社を置くボルボ・カーズ(ボルボ)は、2019年から全モデルを電動化すると、2017年7月5日に宣言した。

 それはICE(Internal Combustion Engine=内燃機関)のみを搭載したクルマの歴史的な終焉の発表だった。2019年以降に発売されるすべてのボルボ車に電気モーターを搭載し、電動化を将来の事業の中心に据えることを明らかにしたことは、ひとつのカーメーカーとしては画期的なできごとである。

日本未導入のボルボ初の完全EV、「XC40リチャージ P8 AWD」
日本未導入のボルボ初の完全EV、「XC40リチャージ P8 AWD」

 ボルボは全モデルに、EV(電気自動車)、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)、もしくはMHV(マイルド・ハイブリッド車)をラインナップするという。また2019年から2021年の間に5台のEVを発表し、うち3台はボルボ・モデル、2台はポールスターのハイパフォーマンスカーになる予定だという。

 現在、この計画は順調に進んでいるようだが、なぜボルボはこうした方針を選んだのだろうか?

 それはボルボの「徹底してやり抜く精神」からきていると思う。安全に関しても、ボルボは昔から妥協せずに最高の安全性を確保すべく、最大限の努力と工夫をしてきた。

 過去には3点式シートベルトを開発し、その特許は無償で他メーカーにも使わせた。世界中のクルマが安全に乗れるようにするためだ。

 衝突安全性に関しては、あらゆる角度からカーtoカーのクラッシュを再現できる大規模な衝突実験試験場を建設し、北欧で多い路面逸脱によるロールオーバー事故も実験を重ねながら対策を盛り込んでいった。

 最終的には、ボルボ車に乗っている人が、事故で重症や死亡に至らないようにするための対応を進めている。もちろん乗員だけでなく、歩行者を保護するためのボンネットエアバッグもすでに実用化している。

※ ※ ※

 いま自動車メーカーにとって重要なのは環境問題である。

 日本では燃費が話題になるが、欧州では二酸化炭素(CO2)の排出量が大きなテーマになっている。燃費が良くなればCO2の排出量も減るので、これらは深くリンクしたものなのだが、地球温暖化になるといわれているCO2を少なくすることがカーメーカーにも求められている。

 EUでは、2021年にメーカーごとの1台あたりのCO2排出量の平均値が、95g/km以下にしなくてはならないという排出ガス規制がある。つまり1km走行に対して、CO2排出量が95g以下に抑えられていればいいということだ。

 では、排気量1リッター程度の普通のエンジンで走るコンパクトカーはどれくらいかというと、じつは100g/km以下に抑えるのですら難しい。それよりも排気量が大きく、車重が重くなると、CO2排出量はどんどん増えていくから、95g/kmを実現できないメーカーも出てくるはずだ。とくに重量級のモデルを多く生産しているメーカーでは、200g/kmとか300g/kmも排出しているモデルも少なくないからだ。

 しかもこの規制には罰則があって、平均値で1g/kmオーバーするごとに日本円で約1万円の罰金、そして生産台数分が掛け算されるというから、かなりの金額になる。

 仮に平均が145g/kmになったとすると、50g/kmのオーバーになる。ボルボのケースでざっと計算すると

 50(g/km)×1万(円)×70万(台)=3500億円

 にもなる。ただしこれは、145g/kmで収まったら、という試算であり、もしこれが200g/kmになったら罰金の額は約7350億円になってしまう。

【画像】ボルボの最新プラグインハイブリッド「XC40リチャージPHEV T5」を見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント