贅沢は敵だ!? ロールス・ロイスが考えるラグジュアリーとは?

ロールス・ロイスの新型「ゴースト」のデビューが2020年7月に発表された。ゴーストは、ロールス・ロイス史上でももっとも成功を収めたモデルの1台。どのようなコンセプトで開発が進められているのか、最高経営責任者トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏からの公開書簡から読み解こう。

ロールス・ロイス最大の成功車「ゴースト」が生まれ変わる!

 ロールス・ロイスから新型「ゴースト」がデビューすることが明らかにされたのは、2020年7月に同社の最高経営責任者、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏からの公開書簡が直接のきっかけだった。

 ゴーストといえば、同社の116年に及ぶ歴史のなかでも、もっとも大きな成功を収めたモデル。そのフルモデルチェンジがいかに重要なプロジェクトであるのかは想像に難くない。それは単に先代のコンセプトを継承しただけではなく、これからのロールス・ロイスを象徴する、新しいコンセプトを反映したモデルでなければならないのだ。

ロールス・ロイスは新型「ゴースト」のコンセプトを紹介するために、4本のアニメーションを公開
ロールス・ロイスは新型「ゴースト」のコンセプトを紹介するために、4本のアニメーションを公開

 ロールス・ロイスはそのコンセプトを紹介するために、現在までに4本のアニメーションをインスタグラムのロールス・ロイス・アカウントで公開しているが、それによると新型ゴーストはよりシンプルで、かつ華美な装飾に頼らないモデルに進化を遂げるようだ。

 そのコンセプトを詳しく説明したのが、冒頭に触れたトルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏からの書簡。そこには新型ゴーストのコンセプトや成り立ちが分かりやすく説明されているので、あえてその全文を引用しよう。

●トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏からの書簡

2020年7月27日 グッドウッド

 ロールス・ロイスからのニューモデルの誕生は、間違いなく歴史的な瞬間となるでしょう。しかし同時に、新型ゴーストの導入にはきわめて重大な責任が伴います。

 今秋デビューする新型ゴーストは、2009年の発売以来、当ブランドの116年の歴史においてもっとも成功したモデルとなった初代グッドウッド・ゴーストの後継モデルです。初代ゴーストは時代を超越した魅力を湛えたクルマで、10年以上に及ぶ長いライフスパンを享受し、素晴らしい成果を残してきました。

 その後を継ぐニューモデルの開発が最終段階にさしかかったとき、私たちは新型コロナウィルス感染症の世界的な大流行に直面しました。この目に見えない敵は、世界中の人々の暮らしや経済に深刻な影を落としました。

 ロールス・ロイスでは、そんな逆境のなかでも常に前向きなスピリットを維持してきました。

 グッドウッドにあるロールス・ロイス本社工場や世界各地で働く従業員の健康と幸福に最大限の重点を置いた上で、私たちは責任を持って慎重にこの素晴らしいクルマの最終的な仕上げ作業をシンプルに続けてきました。

 この経験が私たちに思い起こさせてくれたことがあります。「スピリット・オブ・エクスタシー」をシンボルに掲げるロールス・ロイスが、それはこれまでも、しなやかな強さとともに困難に耐え、大きな夢と努力の象徴としてカスタマーに支持されてきたということです。

 次の10年間にわたって、ゴーストの顧客の心に響く製品を創り出すために、私たちは顧客が何を求め、何を欲しているのか、その声にじっくりと耳を傾ける必要がありました。その結果わかったことは、顧客はゴーストの多様性と、キャラクターの幅広さにとりわけ大きな魅力を感じている、ということでした。

 ゴーストは、オーナーが自らステアリングを握ってドライビングを楽しめるクルマであると同時に、必要に応じてショーファー・ドリブン・カーとしての役目を果たすことも求められています。

 そして顧客は、その無駄をそぎ落したシンプルさに魅力を感じ、ゴーストを称して「ロールス・ロイスを所有するための、小柄で控えめな手段」と形容しています。

 さらに、これまで以上にミニマリズムを追求したデザインを強く望む声も聞かれました。この要望はウェスト・サセックス州グッドウッドのロールス・ロイス本社における、ラグジュアリー・インテリジェンス部門やデザイナーたちの研究結果とも共鳴するものでした。

【画像】アニメで見る新型「ゴースト」のヒミツをチラ見せ(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント