あなたはボディカバーする派? 利用者減少も台風被害の対策に有効か

クルマを守るためのボディカバー。利用者が減ってきている一方で、今でもニーズが存在しているのはなぜなのでしょうか。また、近年の台風被害でボディカバーは再度注目されているといいます。

ニーズが存在している理由はクルマの「目隠し」

 クルマを守るためのボディカバー。最近は利用している人をあまり見かけなくなってきましたが、今でも変わらず一定のニーズは存在しているようです。
 
 なぜ利用者が減ってきているにも関わらず、一定のニーズは残り続けているのでしょうか。

愛車を守るアイテムとして、一定数の需要があるボディカバー
愛車を守るアイテムとして、一定数の需要があるボディカバー

 ボディカバーとは、クルマの車体に被せることで、花粉や黄砂、雨、紫外線や熱などによる汚れや劣化から車体を守る効果があるほか、車体へのイタズラや盗難防止、猫や鳥などによる獣害を防ぐ効果があります。

 しかし、最近はあまり見かけなくなったように感じますが、一体なぜなのでしょうか。ボディカバーの利用が減った理由について、カー用品店「オートバックス」を運営するオートバックスセブンの担当者は次のように話します。

「クルマの塗装技術が向上したのではないかと考えられます。製造から20年以上経ったクルマは、塗装のハゲや日焼けが見受けられますが、ここ10年で製造されたクルマではあまり見受けられない印象です。

 また、簡易コーティング剤がここ5年から10年で普及したのも大きいと思います。昔は、クルマのコーティングをセルフでするとなると重労働でした。

 しかし、最近ではスプレータイプなど簡単にクルマをコーティングできるものが増え、定期的にコーティングをする人が増えたのだと思います」

※ ※ ※

 最近は、簡単にクルマのコーティングができる商品も普及しており、手軽に定期的なコーティングをおこなえるようになっています。

 その結果、頻繁に乗るクルマに対しては、ボディカバーの保護効果のメリットよりもカバーを使用する手間のほうがデメリットとなってしまい、使用しないというユーザーが増えているようです。

 一方で、現在でもカー用品店やネットショップではサイズ毎の汎用品から車種によっては専用品まで幅広いタイプのボディカバー商品が販売されており、変わらずニーズがあること分かります。ボディカバーを利用する理由は何なのでしょうか。

 普段からボディカバーを使用しているユーザーは次のように話します。

「自分のクルマは趣味用のクルマで、毎日乗るわけではないので、乗らないときはカバーをかけています。珍しい車種なので、防犯のことも気にして目立たないように目隠しとして使っています」
 
 趣味用の高級車や珍しいクルマの場合、使用しないときは駐車したままということも多くなるため、なるべく人目につかないようにと目隠し目的でボディカバーを使用しているようです。

 ボディカバーのニーズは、クルマの種類や目的、使用頻度などによって変わることが分かりました。

 手軽に扱えるコーティング商品の普及などにより、ボディカバーの利用者が減ってきた一方で、目隠しとして利用したいという一定数のユーザーが変わらず存在していることが、今でもボディカバーに対するニーズが途絶えない理由だといえそうです。

【画像】こりゃカッコいい! スーパーカーデザインのボディカバーを見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 以前は、ボディーカバーをしていました。
    フェンダーや屋根の角の部分がカバーと擦れ合って、細かい傷が出来て、ワックスで傷を消していましたが、段々、塗装が薄くなってしまい、カバーするのを辞めました。