軽の白ナンバーが選べなくなる!? 東京オリンピックに翻弄された記念ナンバーの現状とは

2020年7月24日は、国民の祝日「スポーツの日」ですが、延期となった東京2020オリンピック競技大会の開会式の予定日でもありました。オリンピック・パラリンピックの記念ナンバーの交付は現在も続いていますが、これまでの累計申し込み数はどれほどなのでしょうか。

開会式延期も交付は続く オリパラ記念ナンバーの累計申し込み数は?

 2020年7月24日は、国民の祝日「スポーツの日」です。これまで十月の第二月曜日の「体育の日」とされていた名称が改められ、延期される前の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の日程にあわせ、日にちも2020年に限って10月から移動となっています。

 本来、オリンピックの開会式が開催されるはずだった7月24日ですが、オリンピック・パラリンピックの開催を記念したナンバープレートの交付は続いています。これまでの累計申し込み数はどれほどなのでしょうか。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(寄付有り)
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(寄付有り)

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のロゴが入った特別なナンバープレートの正式名称は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」といい、2017年10月10日から交付が開始されています。

 特徴は、オリンピックとパラリンピックのエンブレムが入ったナンバープレートが2枚1組で交付されること(クルマの前後にどちらをつけるかは自由)、そして寄付金の有無によってグラフィックデザインの有無を選べることにあります。

 グラフィックデザインのないパターンを選択すると、軽自動車でも「白ナンバー」の装着が可能となることから、オリンピック・パラリンピックに関心のあるユーザーのほかに、一部の軽自動車ユーザーからも注目を集めました。

 延期となった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ですが、幻となった2020年のオリンピック開会式の直前までに、どれくらいの枚数が交付されたのでしょうか。

 国土交通省自動車局の担当者に聞いたところ、次のようにコメントします。

「2020年6月末時点の累計申し込み数は、186万7149台です。登録車と軽自動車の内訳としては、登録車が17万5483台、軽自動車が169万1666台となります。

 また、寄付有り(グラフィックデザイン入り)と寄付無し(グラフィックデザイン無し)の内訳は、寄付有りが23万5136台、寄付無しが163万2013台です」

※ ※ ※

 担当者によると2020年7月上旬時点の時点では、特別ナンバーの申し込み期間は従来と変わらず2020年9月末までの予定だということです。

【画像】右上のエンブレムが通常のナンバープレートと異なっている!記念ナンバーと通常ナンバーを見比べる(10枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント