日産新型SUV「マグナイト」を世界初公開! イケメン風な小さいSUVを2020年度に投入へ

日産は、インド市場向けにBセグメントSUVとなる新型「マグナイト」を世界初公開しました。直近では、タイや日本でe-POWERを搭載した新型「キックス」やクロスオーバーEVの新型「アリア」を発表するなど、続けてSUVを投入する日産ですが、インド向けの新型マグナイトとはどのようなSUVなのでしょうか。

小さなSUV新型「マグナイト」ってどんなクルマ?

 日産のインド法人は、2020年7月16日に同社のテクノロジーを駆使したスタイリッシュなSUVとして新型「マグナイト」を世界初公開しました。インド市場で販売される新型マグナイトとは、どのようなモデルなのでしょうか。

2020年7月16日にインドで発表された新型SUV「マグナイト」
2020年7月16日にインドで発表された新型SUV「マグナイト」

 新型マグナイトは、画期的な製品と技術を提供することを目指す日産らしさが反映されたモデルで、インド市場には2020年度に導入予定です。

 マグナイトという車名は、「マグネティック」と「イグナイト」という言葉の組み合わせで、マグネティックは、顧客を惹きつけるデザインと製品の属性を強調する一方で、イグナイトは日産がインドに持ち込みたい新しい時代の始まりを強調しています。

 新型マグナイトの外観デザインは、日産のグローバルSUVの伝統と先進技術をベースにデザインされ、機能的な装備を備えるほか、スタイリッシュかつ力強くダイナミックなデザインです。

 日産インドのマネージングディレクターであるRakesh・Srivastava氏は、次のように話します。

「マグナイトは、日産のグローバルSUVのDNAを進化させたモデルです。最先端のテクノロジーを搭載したマグナイトは、このセグメントでは画期的な存在となるでしょう。

 全長4m以下のカテゴリーでの大胆な提案であり、業界のB-SUVセグメントを再定義するものになると確信しています。マグナイトは、『Make in India, Make for the World』の理念に基づき、インドのお客さまの要望や希望を考慮しながら、日本でデザインされています。

 マグナイトは、スタイリッシュなデザインと機能性に富んだプレミアムモデルであり、力強くダイナミックな走りを実現します」

※ ※ ※

 新型マグナイトは、日産が世界で展開するSUVラインナップの「パトロール」、「パスファインダー」、「アルマダ」、「エクストレイル(ローグ)」、「ジューク」、「キャシュカイ」、「キックス」などのモデルのエッセンスを取り入れつつ、日産SUVのDNAが注ぎ込まれたモデルだといいます。

 日本での発売は予定されていないといいますが、世界的に注目されるBセグメントSUV市場において、新型マグナイトがどのような展開を見せるのか注目です。

【画像】これが新型マグナイト!? イケメンSUVをささっと見る!(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. 素直にカッコいいと思う!
    頑張れNISSAN!

  2. このまま何も変えずに日本で販売して欲しい!
    まじカッコいい!
    乗りたい!

  3. キックスなんかよりこっちの方が良かったんじゃないか?

  4. 何で、この車を日本向けに投入しない? 納期がいつになるか未定のキックスよりこちらを導入してくださいよ。メーカーさん! 日産販売協力会社経営者より。

  5. Vモーションじゃないのか珍しい

  6. 新興国向けは内装や装備が貧弱なものが多いから、そこんとこ次第ではライズのライバルになりえそう。

  7. SUVの市場判断(決断)が遅すぎ!!( ・`ω・´)初代RAV4、CR-Vの時におかした失敗を教訓にしてない!!
    日産は良い車を開発出来ても、マーケティングの甘さ、馬鹿な歴代経営陣の不祥事で全て台無しにしている
    俺が代わってやろうか?
    俺なら、2025年迄に、国内シェア18%にしてやるぜ!

  8. これを日本で売ったとしても、マーチの二の舞になりそう。新興国向けでしょ?これ

  9. こいつを絶対に日本でも発売すべし!
    電動のキックスでは飽き足りない日産信望者は一定以上いるって。
    新体制日産をアピールするのに「出し渋り」は禁句中の禁句!!

  10. デザインは完全に「アウディのパクリ」
    パクリばかりやってる韓国車ヒュンダイと同じレベル