『サーキットの狼』で好敵手が乗っていた「ナナサン・カレラRS」のオークション価格は、いまいくら?

空冷ポルシェのなかでも、とくに人気のある「ナナサン・カレラRS」こと「911カレラRS2.7」の最近のオークション動向を、「シルバーストーン・オークション」に出品された車両を例に解説しよう。

マニアが羨望する「ナナサン・カレラRS」とは?

 英国「シルバーストーン・オークション」社が、2020年8月1日よりオンライン限定で開催するオークション「The Silverstone Classic Live Online Auction 2020」では、往年の人気コミック『サーキットの狼』にも登場したクラシック・スーパーカーたちが多数出品されている。

 今回はそのなかから、いまや本格的なエンスージアストからも熱烈な敬愛を集めるアイコン的モデル、ポルシェ「911カレラRS2.7」を選び、オークション前の「レビュー」をお届けしよう。

●モータースポーツを意識した、特別な911

第1次スーパーカーブームのころ、ポルシェといえば「911カレラRS2.7」であった
第1次スーパーカーブームのころ、ポルシェといえば「911カレラRS2.7」であった

 日本の、ある一定以上の年齢の男性には、1970年代中盤にスーパーカーブームを巻き起こしたコミック『サーキットの狼』にて、主人公のライバル「早瀬左近」が初期に愛用したクルマとしても知られるポルシェ911カレラRS2.7。

 1973年モデルとして生産されたことから「ナナサン・カレラRS」とも呼ばれるこのクルマは、同時に近年のクラシックカー・マーケットにて高騰の一途を辿ってきた空冷ポルシェ911のなかでも、特に象徴的なモデルといえよう。

 空冷/水冷を問わず、一部のヒストリー付きレーシングカーを除けば、もっともマーケット価値の高い911として認知されている。

 もともとポルシェでは「FIAグループ4/スペシャルGT」ホモロゲート車両として、レーシングユース専用モデルをプライベートチーム用に少数のみ生産していたが、1973年に新レギュレーションが施行され、500台の生産が要求される「グループ4-GT」が、耐久レースにおけるGTカテゴリーの主戦兵器とされることになる。

 そこで、当時からGTカテゴリーに重きを置いていたポルシェは、FIAホモロゲート用に500台以上が量産可能なモデルとして、73カレラRSを開発することを決定した。

 いわゆる「ロードゴーイング・レーサー」として企画された元祖カレラRSは、ボディパネルの薄板化やFRP製パーツの適用、そして一部の快適装備やアンダーコートなども放棄することで、スタンダードの「911S-2.4」と比較すれば実に150kg以上も軽量化が施された。

 純粋なレースモデル「RSR」にアップデートされることを前提としたホモロゲート仕様の「レーシング」では約900kg、公道とサーキットの両方を楽しみたいユーザーのための中間バージョン「スポーツ」が960kg、そして、ストリート向けに快適装備を残した「ツーリング」仕様でも1075kgという、非常に軽い車両重量の実現に成功していた。

 一方、空冷フラット6エンジンは、当時の規定で3000cc以下のクラスに参入するためには排気量拡大が必須だったが、当時のスタンダード911に搭載された2.4リッター・ユニットは、当時の技術ではボア径が既に限界に達していると判断された。

 そこでポルシェ技術陣は、ル・マン24時間でも優勝したポルシェの超弩級モンスター、917譲りのテクノロジーである「ニカシル」シリンダーを採用。スリーブを廃したことで、2.7リッターまで拡大を果たした。

 このチューンアップにより、パワーは911S-2.4の190psから210psまで増大するが、実質的なパフォーマンスはスペック以上に拡大。一方で低速トルクも拡大してドライバビリティもアップするという、一石二鳥の素晴らしいマシンに仕上がったとされる。

 こうして生を受けた911カレラRS2.7は、初期の予定通り、当時の3リッター以下のGTカテゴリーでは世界最強マシンとなり、ストリートでも、サーキットでもライバルの羨望の的となる。

 そしてこの種のスーパースポーツ、しかも限定モデルとしては大ヒットを博したカレラRS2.7は、当初の予定だったFIAホモロゲートに必要な500台を、あっという間に販売してしまった。しかも、その後もモータースポーツ界やエンスージアストたちの要望は留まるところを知らず、結局予定の3倍にも及ぶ1580台が生産されるに至ったのである。

【画像】スーパーカーブームの頃に憧れた「73カレラRS」とは?(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント