マセラティの新スーパースポーツ「MC20」は、自社製新エンジンを搭載!

100%マセラティ、100%メイド・イン・モデナのV型6気筒エンジンが発表された。EVの開発も力を入れているマセラティが、いまどうして自社製エンジンをつくる必要があるのだろうか。

待望のマセラティエンジンは、V8からV6へダウンサイジング

 マセラティが、100%自社製の新型エンジンを発表した。このエンジンは、新型のスーパースポーツーカー「MC20」に搭載されることが決定している。トライデント製新型エンジンとは、どのような仕様なのだろうか。

新型のスーパースポーツーカー「MC20」に搭載される「ネットゥーノ」
新型のスーパースポーツーカー「MC20」に搭載される「ネットゥーノ」

 新型エンジンは、2020年9月にワールドプレミアを迎えるスーパースポーツカー「MC20」の心臓として華々しくデビューを飾る予定だ。

 このパワーユニットは、モデナの複数のマセラティ開発拠点によって作り上げられている。ひとつはマセラティイノベーション・ラボ、もうひとつは旧マセラティ・コルセ拠点に設けられたワークショップ、そしてマセラティ本社に隣接するエンジンハブである。

 エンジンハブを擁するモデナ工場で、生産がおこなわれる。MC20の生産に先立ち、製造ラインおよびペイントショップの改良が2019年末よりおこなわれている。

 新型エンジンは、有能なテクニシャンとエンジニアが情熱を傾けてつくりあげた技術的革命ともいえるパワートレインであり、複数の国際特許を取得している。

 20余年の空白を破ってマセラティは再び、困難な課題に立ち向かう情熱をモデナ本拠に集結し、高度に進化したハイパフォーマンス・エンジンの開発と製造をおこなう。

 これはマセラティの戦略的決定によるものであり、”100%メイド・イン・モデナ”を掲げるMC20に注目が集まっているが、2020年9月9日・10日に開催されるイベント”MMXX: The time to be audacious”でのワールドプレミアされることになっている。

 肝心の新パワーユニットであるが、バンク角90°のV6アーキテクチャーを基本として、ツインターボとスーパースポーツカーの伝統的ソリューションであるドライサンプ潤滑システムを採用、排気量は3.0リッターで、最高出力630ps/7500rpm、最大トルクは3000rpm以上で730Nmを発揮する。

 リッターあたり出力は、210psに達し、圧縮比は11:1、ボア×ストロークは88×82mmとなる。

 このエンジンのトピックは、ツインプラグレイアウトを持つプレチャンバー燃焼システムだ。このテクノロジーは、フォーミュラワンに由来しており、ロードカーエンジンとして採用されるのは世界初となる。

●エンジン主要諸元

・生産:マセラティ
・基本アーキテクチャー:90度V型6気筒
・排気量:3.0リッター
・ボア×ストローク:88×82mm
・圧縮比:11:01
・点火順序:1-6-3-4-2-5
・最高出力:630ps/7500rpm
・最大トルク:730Nm/3000-5500rpm
・レヴリミット:8000rpm
・ターボチャージャー:ツインサイドターボ、電子制御ウェストゲート
・点火システム:ツインスパーク、パッシブプレチャンバー
・潤滑ポンプ:フル可変オイルポンプ
・潤滑システム:ドライサンプ、スカベンジポンプ&外部オイルタンク
・燃料システム:PDI(ダイレクトインジェクション:350バールポートインジェクション:6バール)
・バルブトレーン&タイミングシステム:ダブルオーバーヘッドカムシャフト、可変バルブタイミング
・全幅:1000mm
・全高:650mm
・全長:600mm
・重量(DIN GZ規格):220kg未満
・排ガス基準:EU6D/China 6B/ULEV 70

【画像】マセラティ謹製エンジンはこれだ! 「MC20」の擬装フォトも紹介(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント