3列7人乗りのプレミアムコンパクトSUV! メルセデス「GLB」登場

メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、まったく新しいSUVラインナップとなる「GLB」を発表、同日より予約注文の受付を開始する。納車は7月ごろを予定している。

ディーゼルとガソリンの2グレード。FFと4WDになる

 メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、まったく新しいSUVラインナップとなる「GLB」を発表、同日より予約注文の受付を開始する。納車は7月ごろを予定している。

 グレードは2種類で、2リッターディーゼルターボエンジンを搭載する「GLB200d」が512万円、2リッターガソリンターボエンジンを搭載する4WDの「GLB250 4MATIC」が696万円となる。

新たにメルセデス・ベンツSUVラインナップに加わった「GLB」
新たにメルセデス・ベンツSUVラインナップに加わった「GLB」

 GLBは、世界で成長を遂げるSUV市場においてすでに多くのラインナップを持つメルセデス・ベンツが、多様なニーズに応えるべく投入するニューモデルだ。「Gクラス」にも似たエクステリアデザインと高い悪路走破性を持つ本格的なSUVでありながら7人乗車を標準とし、かつ日本の都市部でも取り回しのよいボディサイズを実現している。

 GLBはスクエアで車高が高く、2829mmと長いホイールベースを生かして広い室内空間を実現。2列目シートは140mm調整が可能な60:40分割の前後スライド機構を備え、後ろにスライドさせて快適なレッグスペースにしたり、前にスライドさせて積載性を向上することも可能だ。バックレストの角度は8段階の調整が可能で、快適性の向上にも貢献する。

 3列目シートは、2列目シートのバックレストにあるロック解除レバーを操作することで、2列目シートが前に倒れてスライドし、ワンタッチで乗り降りすることが可能。また3列目シートを使用しない場合は格納することもできる。

 インテリアはモダンでアバンギャルドにまとめられている。助手席ダッシュボード中央部やセンターコンソールスイッチの両端部などにアルミニウム調チューブデザインを採用したのがGLBの特徴となっている。

 また対話型インフォテイメントシステム「MBUX」を搭載。自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロールは「ハイ、メルセデス」をキーワードに起動し、たとえばクライメートコントロールで温度を下げる場合、「温度24度」という明確な支持でなくとも「暑い」というだけで理解する。

 パワートレインは2種類。GLB200dに搭載される「OM654q」型2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンは150ps・320Nmを発生。駆動方式はFFとなる。

 またGLB250 4マティックスポーツに搭載される「M260」型2リッター直列4気筒ターボエンジンは224ps・350Nmを発生。4輪を駆動する「4マティック」となる。

 組み合わせるトランスミッションは、GLB200d/GLB250 4マティックともに8速デュアルクラッチトランスミッションの「8G-DCT」となる。

※ ※ ※

 GLBは、Aクラスなどと同じFFベースのMFAプラットフォームを使った、メルセデス・ベンツSUV。同日に発表された「GLA」とは兄弟車という関係になる。

 新しく登場したGLBのボディサイズは、全長4634mm×全幅1834mm×全高1659mm、ホイールベースは2829mm(欧州仕様)だ。

メルセデス・ベンツ GLBの詳細を見る

【画像】ヒットの予感! 3列7人乗りSUV「GLB」を見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント