100万円台の「914」から1億6000万円の「935マルティーニ」まで! ポルシェ・オークション速報!!

空冷ポルシェの価格が高騰したのも記憶に新しい。そこで、現在のポルシェの価格はどれほどなのかを占う意味で注目を集めたオークションから、気になる最新限定モデルやクラックポルシェの落札価格がどれほどだったのかをレポートしよう。

トラクターから最新限定車まで、バラエティに富むポルシェのオークション

 クラシックカー/コレクターズカーのオークション業界最大手のひとつである「RMサザビーズ」は、2020年6月3日から11日まで、欧州支社主体で「THE EUROPEAN SALE featuring THE PETITJEAN COLLECTION」と銘うった、オンライン限定のオークションを展開した。

100万円台の「914」から1億6000万円の「935マルティーニ」まで、多彩なポルシェがオークションにかけられた(c)2020 Courtesy of RM Sotheby's
100万円台の「914」から1億6000万円の「935マルティーニ」まで、多彩なポルシェがオークションにかけられた(c)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 出品車両は200台オーバーとけっこうな数に上ったが、実はたったひとりのコレクションでその半数が占められていた。

 1960年代から1970年代にかけて、レーシングドライバーとしてサーキットレースやヒルクライムで大活躍し、現役引退後は自身の自動車ミュージアム開設を目指して、珠玉のスポーツカー/スーパーカーをはじめ、あらゆる乗り物を蒐集したフランス人コレクター、マルセル・プティジャン氏が出品したものである。

 現役レーサーだったころのプティジャン氏は、「カレラ6(906)」などのポルシェを相棒に闘ったこともあってだろうか、このオークションに出品された彼のコレクションでは、ポルシェの充実ぶりが目立っていた。

 オークションには、1964年型「904GTS(カレラGTS)」が70万から90万ユーロという推定落札価格で出品されたほか、1960年型「356Bカブリオレ」(推定落札価格8万から10万ユーロ)、1966年型「912」(推定落札価格3万から4万ユーロ)などのクラシック・ポルシェも登場した。

 また、1984年型「911カレラ3.2」(推定落札価格3万から5万ユーロ)、1988年型「911ターボ」(推定落札価格7万5000から10万ユーロ)などの、いわゆる「ヤングタイマー・クラシック」たちもオークションリストに掲載されたほか、1万から1万5000ユーロという比較的リーズナブルな推定落札価格が設定された1971年型「914-1.7」など、とても興味深いポルシェたちが目白押しとなっていた。

 一方、複数のオーナーから出品された「THE EUROPEAN SALE」では、「プリA」時代の最初期モデルながら3オーナーという1955年型「356スピードスター」(推定落札価格32万から38万ユーロ)から、1967年型「911」(推定落札価格10万から12万ユーロ)などの真正クラシック・ポルシェたちに加え、1993年型「928GTS」(推定落札価格5万から7万ユーロ)に代表されるヤングタイマーたちが登場。

 さらにはアメリカの「パイクスピーク・ヒルクライム」で実際に闘った経歴を持つ1997年型「Ruf CTR2シュポルト」(推定落札価格64万から72万ユーロ)など、バラエティに富んだポルシェとその仲間たちが、RMサザビーズ社のオークションページを飾ることになった。

●ポルシェといえばマルティーニカラー

2020年型ポルシェ「935」(シリアルナンバー#02)は、132万ユーロ(約1億5950万円)で落札(c)2020 Courtesy of RM Sotheby's
2020年型ポルシェ「935」(シリアルナンバー#02)は、132万ユーロ(約1億5950万円)で落札(c)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 そんな数多くのポルシェたちのなかでも、事前のレビュー段階からスポットライトを浴びていたのが、「マルティーニ」カラーをまとった2020年型ポルシェ「935」(シリアルナンバー#02)である。

 ポルシェ創業70周年記念車として開発された新型935は、最新の「911GT2RS」をベースに、ポルシェが自ら大規模なコスメチューンしたもの。世界限定77台のみ製作されるサーキット専用車である。

 2018年9月に開催された、北米ラグナ・セカ・サーキット「レンシュポルト・リユニオン」にてワールドプレミアに供された直後に、限定枠のすべてが埋まってしまったこととでも知られている。

 そして、まだ未走行という今回の出品車両には、「70」周年と創業年「1948」に引っ掛けて70万1948ユーロ(約8528万円)とされた新車価格を大幅に上回る、127万5000ユーロ(約1億5485万円)から137万5000ユーロ(約1億6700万円)という強気の推定落札価格が設定されていた。

【画像】100万円台から1億6000万円まで! バラエティに富んだポルシェをチェック!(56枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 昔通っていたビルの会社がポルシェデザインの代理店をしていたそうで、ポルシェデザインの
    衛生陶器(便器ですな)が有りました。茶色や赤や青の、フロアごとに違う色の便器が並んでおりました。
    きれいでは有りましたが「よく壊れた」そうです。