マツダ新型「BT-50」世界初公開! 魂動デザインのピックアップトラックが2020年後半に発売へ

マツダはフルモデルチェンジした新型「BT-50」を世界初公開しました。いったいどのようなピックアップトラックに生まれ変わったのでしょうか。

魂動デザインのピックアップトラックが登場!

 マツダは2020年6月17日に、フルモデルチェンジした新型「BT-50」を世界初公開しました。約9年ぶりの全面改良を受けた新型BT-50は、いったいどのようなピックアップトラックに刷新されたのでしょうか。

マツダの新型ピックアップトラック「BT-50」
マツダの新型ピックアップトラック「BT-50」

 BT-50は2006年の販売開始以来、オセアニア、ASEAN、中南米、中近東、アフリカなどを中心に販売されてきました。

 これまでのBT-50は、過去の提携先であるフォードのピックアップトラックがベースとなっていましたが、今回発表された新型BT-50は、いすゞのピックアップトラックがベースのOEM車です。

 ボディサイズ(スペックはオーストラリア向けダブルキャブ・4×4・AT車の仕様。以下同様)は全長5280mm×全幅1870mm×全高1790mmで、ホイールベースは3125mm。タイヤサイズは265/60R18です。

 デザインにおいて、マツダのデザインテーマである「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」を採用し、フロントフェイスにはマツダ車に共通するデザインのフロントグリルが装着されています。

 搭載される3リッターディーゼルエンジンは、最高出力190馬力、最大トルク450Nmを発揮します。最大積載量は1065キロで、トーイング能力(けん引能力)は3500キロとなります。

 新型BT-50の発売は、オーストラリアで2020年の後半を予定しています。

【画像】マツダ車はピックアップトラックもカッコいい!? 新型「BT-50」を画像で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 前モデルの変なテールランプから変わって良かったです。後はフォードからいすゞに変わって価格が安くなると良いな。

  2. いいじゃない。ハイラックスピックアップが唯一国内で出てる小型ピックアップだけど
    価格がやや高いから、お値段しだいではハイラックスから客を奪えると思う。

  3. このプロシード、もしかして中身はハイラックス?