ついに出る!? 日産新型「フェアレディZ」!? 次期型Z35は原点回帰か?

日産が公開した動画「NISSAN NEXT: From A to Z」のなかで、新型「フェアレディZ」の姿が映し出されました。期待の新型フェアレディZとは、どのようなモデルなのでしょうか。

ついに出る!? 新型フェアレディZ(Z35)に期待大!

 日産が2020年5月28日に公開した動画「NISSAN NEXT: From A to Z」で、新型「フェアレディZ」が登場しました。

 現行フェアレディZは、2008年に発売。すでに12年を迎えることから、次期モデルの登場を熱望する声があがっています。

日産新型「フェアレディZ」(Z35)のシルエット(日産公式動画より)
日産新型「フェアレディZ」(Z35)のシルエット(日産公式動画より)

 同日開催された2019年度の決算報告で日産は、2023年度までの4か年計画を発表。

 持続的な成長と安定的な収益確保を目的として「最適化」と「選択と集中」をおこなうことが明らかになりましたが、そのなかで「今後18か月で12の新型車を投入する」という宣言がありました。

 動画内では、宣言通り、12の新型車と思われるモデルの走行シーンが、AからZの順で登場。

 Aは「アリア」、「アルマダ」、Fは「フロンティア」、Kは「キックス」、Mは「マイクラ」、Nは「ナバラ」、「ノート」、Pは「パスファインダー」、Qは「キャシュカイ」、Rは「ローグ」、Tは「テラ」、そしてZは「フェアレディZ」が走行するシーンが映し出されています。

 今回公開された新型フェアレディZはシルエットのみでしたが、現行モデルよりもロングノーズショートデッキが強調されたスタイルで、かつてのフェアレディZ(S30型)を彷彿とさせる流麗なクーペデザインです。

 また、現行モデルの稲妻のような形状のヘッドライトは、上下2段のデザインに変更されることがわかります。

 さらに、ルーフのサイドにはシルバーの加飾が施されるとともに、現行モデルではフロントフェンダー後部に装着されている「Z」のロゴが、かつてと同じようにリアピラーに配置されるなど、新たなフェアレディZを垣間見ることができます。

※ ※ ※

 日産のスポーツカーといえば、かつては「シルビア」がありましたが、2002年に生産終了。現在はフェアレディZと「GT-R」の2車種をラインナップしていますが、いずれも長らくモデルチェンジをしていません。

 2022年にはクルマの騒音規制が厳しくなり、GT-Rは存続できないのではないかといわれています。

 そんな折に姿を見せた新型フェアレディZは、日産復活の象徴となるのか、さらなる期待が高まります。

【画像】新型フェアレディZの姿を捉えた! Z35はどんなモデル?(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 公式の場でコレを見せといて、
    後になってから実は開発中止してました
    なんてのはやめてよね(笑)

    あ、でも今の日産なら有り得るかも(笑)

  2. 出来れば、S30を彷彿させた新生z35にして欲しい。特にヘッドライトは丸っこいほうがカッコイイです。スープラに負けないで!