スゴいヤツ上陸!? 運転が「結構楽しい!」 英国ロンドンタクシーはアリな選択?

ここ最近、日本全国を走っているタクシーでは、トヨタ「JPNタクシー」の比率が増えてきています。JPNタクシーは英国のロンドンタクシーをモチーフにしていますが、その本家ロンドンタクシーが日本に上陸しました。電気で走るロンドンタクシーとはどのようなクルマなのでしょうか。

英国から上陸!? 本場「ロンドンタクシー」はスゴいヤツだった!

 2020年1月に日本上陸を果たし、2月から販売開始となった英国の「ロンドンタクシー(新型TX)」。6月からデリバリー開始となるようですが、どのような特徴があるのでしょうか。

街中では存在感バツグン! 二度見する人続出な「ロンドンタクシー」
街中では存在感バツグン! 二度見する人続出な「ロンドンタクシー」

 今回、紹介するロンドンタクシーを見て「都市部で増えてきたJPNタクシーに似ていますね!」と思う人も多いかもしれません。

 実際、このクルマで街中を走っているとタクシーに間違われ、手を挙げられることも少なくないといいます。確かに見た目はそうかもしれませんが、実は、トヨタの「JPNタクシー」がロンドンタクシーをマネしたのです。

 ただ実車を見ると、ロンドンタクシーのほうが二回りくらい大きい。JPNタクシーのボディサイズは全長4400mm×全幅1695mm×全高1750mmなのに対し、ロンドンタクシーは全長4855m×全幅1874mm×全高1880mmもあります。

 来日したイギリス人はJPNタクシー見て「キュート! ミニチュアタクシー!」と思うらしい。JPNタクシーはトヨタ「シエンタ」をベース車両にしていますが、ロンドンタクシーはボルボ「XC90」級なサイズです。

 インテリアボリュームだってまったく違います。JPNタクシーもまぁまぁの室内高を確保し、レッグスペースだって広い。そんな印象でロンドンタクシーに乗り込むと圧倒されます。

 なにせ対面式のシートが3脚折り畳まれており、その気になれば6人まで乗れるスペースを確保。乗客3人までなら大型の海外旅行用トランク携行だって余裕です。

 加えて、JPNタクシーで問題になっている「クルマ椅子に座ったままの乗降性」が素晴らしい。ドアの下に大型スロープが収納されており、そのまま引き出せばすぐに使えます。

 ロンドンとかで実際に使っているシーンを見ると、ドライバーも気軽に活用しています。大きな室内スペースを持つため、大型の電動クルマ椅子まで乗り込めてしまうというから素晴らしいです。

【画像】これはアリ! 本家ロンドンタクシーを見る!(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. クッソ下品な評論で不味い。
    なぜこの評論家なのか。

  2. ロンドンタクシーの全幅はボルボXC40やシビックタイプRと同程度です。小回り性能もいい。
    全長と全高はほぼアルヴェルくらい。車椅子同伴でも余裕で乗車出来ます。
    タクシーのお手本としてどんどん街中で見られるようになるといいですね。
    ロンドンの時の日産といいトヨタのアレといい、オリンピック特需の切り替えでまともなタクシーが作れないって…嘆かわしい限りです。

    あと国沢さん丁寧な解説とてにをはがまともな日本語で文章書けるんですね。えらいえらい。