マツダ初の電気自動車「MX-30」の生産が開始! 欧州でのライバルEVは?

マツダは、2020年秋に欧州で発売予定のマツダ初の電気自動車(EV)、「MX-30」の生産を開始したと発表した。

前回の東京モーターショーで世界初公開されたマツダ初の量産EV

 マツダは、2020年秋に欧州で発売予定としているマツダ初の電気自動車(EV)「MX-30」の生産を2020年5月19日から広島・宇品第一工場で開始したと発表した。

5月19日から生産がスタートしたマツダ初の量産EV、「MX-30」
5月19日から生産がスタートしたマツダ初の量産EV、「MX-30」

 MX-30は、2019年10月に開催された第46回東京モーターショーで世界初公開されたマツダ初の量産EVで、フリースタイルドアと呼ばれるセンターピラーレスの観音開きドアが特徴のSUVだ。

 全長4395mm×全幅1795mm×全高1555mm、ホイールベースは2655mmというミドルサイズのSUVで、新たに電動化技術「e-SKYACTIV」を採用。EVであってもマツダの「人馬一体」の哲学を体現しているという。

 MX-30は前輪駆動(FF)で、145psを発生するモーターと35.5kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、WLTPモードで約200km走行することが可能だ。バッテリーはDC急速充電を用いると、約40分で80%まで充電できる。

 すでに欧州では予約注文が開始され、ドイツでのMX-30の車両価格は3万3490ユーロ(日本円で約395万円)からとなっている。

※ ※ ※

 MX-30は2020年秋にヨーロッパで発売が開始される予定だが、欧州は現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、クルマの販売台数が激減している。自動車産業の世界的な調査会社JATO調べによる2020年3月のデータでは、欧州27カ国の乗用車の販売台数は、2019年同月比で52%減となる84万8800台だった。

 欧州各国がロックダウンをおこなったこともあり、この数字は過去38年間でもっとも販売台数の少ない3月期になっている。

 そんななか、電動車(EV/プラグインハイブリッド/ハイブリッド)が健闘。全体では前年同月比で15%増となる14万7500台を販売、過去最大となる17.4%のマーケットシェアを獲得している。

 パワートレーンを詳しく見ていくと、ピュアEVとプラグインハイブリッド(PHEV)の販売台数が増えているのに対し、ハイブリッド(HEV)は11%減少している。MX-30には追い風といえるだろう。

 2020年3月の、欧州21カ国でのEVランキングは以下のとおり。これらがMX-30のライバルとなる。
 
1位 テスラ「モデル3」 1万5443台
2位 ルノー「ZOE」 4298台
3位 フォルクスワーゲン「e-ゴルフ」 3434台
4位 アウディ「e-tron」 3373台
5位 日産「リーフ」 2800台
6位 ヒュンダイ「Kona」 1782台
7位 BMW「i3」 1766台
8位 キア「e-Niro」 1649台
9位 フォルクスワーゲン「e-up!」 1452台
10位 MINI「MINI-Electric」 1403台

 欧州では、テスラ「モデル3」が発売当初から変わらず圧倒的人気を誇っている。今後はニューモデルEVであるプジョー「208e」やMG「ZS」がランクインしてくるはずだ。

 販売ランキングでベスト10に入った上記のEVのうち、SUVタイプは4位のアウディ「e-tron」、6位のヒュンダイ「Kona」と、8位のキア「Niro」がある。MX-30の直接のライバルは、この2台といえそうだ。

【画像】マツダ「MX-30」とそのライバルを見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント