運転の楽しさが再発見できるクルマとは!? 若者にこそ乗って欲しい車5選

デートには不評かも!? ヤング向けのオープンカー2台

●ダイハツ「コペン GRスポーツ」

トヨタとタッグを組んで開発された「コペン GRスポーツ」
トヨタとタッグを組んで開発された「コペン GRスポーツ」

 2002年に初代が発売された2ドアオープンカーのダイハツ「コペン」は、軽自動車ならではの維持費の安さで、セカンドカーとして高い人気を誇りました。

 2014年に発売された2代目では、エンジンは64馬力を発揮する660cc直列3気筒DOHCターボを搭載し、7速スーパーアクティブシフト付CVTと5速MTを選ぶことができ、スポーティな走りを継承しています。

 2代目コペンには「ローブ」「セロ」「エクスプレイ」というコンセプトの異なる3タイプが設定されていましたが、2019年に第4のモデル「GRスポーツ」が追加ラインナップ。

 トヨタGAZOO Racingの協力により登場したGRスポーツは、走りの性能を最大限に発揮させるために車体剛性をアップさせ、しなやかさを追求したKYB製ショックアブソーバーを採用しています。

 その結果、フラットな乗り心地と優れた操舵応答性を実現するなど、スポーツカーと呼べる仕上がりとなっています。

 価格はCVT車が238万円、5速MT車が243万5000円と、軽自動車としては安くありませんが、装備や走りのポテンシャルを考えると納得の価格ではないでしょうか。

●マツダ「ロードスター」

日本が世界に誇るピュアスポーツカーの「ロードスター」
日本が世界に誇るピュアスポーツカーの「ロードスター」

 1989年に誕生したユーノス「ロードスター」は、消えかかっていたオープン・ライトウェイトスポーツカー市場を復活させた偉大な足跡を残した名車といえます。

 その初代ロードスターへの原点回帰を目指したのが、2015年に発売された4代目ロードスターです。

 搭載されたエンジンは、最高出力132馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒DOHCで、決してパワフルではありませんが、50:50の理想的な前後重量配分を実現していることや、高剛性かつ軽量なシャシによって、マツダが目指した「人馬一体」を実現。

 国産モデル屈指のドライビングプレジャーが味わえるFRスポーツカーとなっています。

 また、手動のソフトトップによって手軽にオープンエアモータリングが楽しめるのも、ロードスターの大きな魅力のひとつです。

 価格はベーシックグレードの「S」が260万1500円。サスペンションチーニングや車体剛性のアップ、LSDが標準装備されたトップグレードの「RS」が333万4100円です。

※ ※ ※

 今回紹介したモデル以外にも、スズキ「アルトワークス」や、マツダ「マツダ2」など、比較的安価で乗って楽しいクルマがまだまだあります。

 しかし、数が少なくなっているのは確かで、かつてのホンダ「シビックSi」やトヨタ「カローラレビン」、三菱「ミラージュ」といった、ベーシックなスポーツモデルはほとんど残っていないのが現状です。

 先進安全技術の装備や衝突安全性の向上などで、安価で軽量なモデルを開発するのは難しい状況ですが、まだ新車で手に入るいまは幸せなのかもしれません。

トヨタ カローラスポーツの詳細を見る

マツダ ロードスターの詳細を見る

【画像】おじさんも注目するモデル! 青春時代を思い出させる最新スポーティカーを見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント