トヨタ新型「ハリアー」のウインカーは二重に発光!? ラグジュアリーに磨きがかかる

トヨタの高級SUV「ハリアー」が2020年6月にフルモデルチェンジします。それに先立ちトヨタの公式YouTubeチャンネルでは、新型ハリアーの走行性能ムービーが公開されました。

フロントの流れるウインカーは廃止される!?

 ラグジュアリーSUVとして長年愛されてきたトヨタ「ハリアー」は、2020年6月にフルモデルチェンジして4代目へと進化します。

目ヂカラがアップしたトヨタ新型「ハリアー」
目ヂカラがアップしたトヨタ新型「ハリアー」

 発売を目前に控えた2020年5月10日、トヨタは公式YouTubeチャンネルで新型ハリアーの走行性能ムービーを公開しました。

 その動画では、これまでわからなかった新型ハリアーの詳細が明らかになりました。

 新型ハリアーの外観は、クーペ風のデザインへ変更されます。ボディサイズは、全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mmとなり、全長4725mm×全幅1835mm×全高1690mmの従来モデルに比べてロー&ワイドなスタイルを実現。

 フロントグリルは大型化して精悍な印象に一新するとともに、歴代ハリアーのアイコンになっていた「チュウヒ」(タカの一種)のエンブレムは廃止され、新型モデルではトヨタマークに変更されました。

 さらに、シャープな形状のヘッドランプや二重のL字型に発光するデイタイムランニングランプを採用。

 従来型ハリアー(後期モデル)は、流れるように光るシーケンシャルウインカーでしたが、新型ハリアーではL字のLEDデイライトが、ウインカーの役割も果たすダブルファンクションとなりました。

 2019年10月にマイナーチェンジしたトヨタ「C-HR」もデイライトとウインカーがダブルファンクションに変更されており、欧州車などでも採用されているこの機能は、最近のトレンドといえるのかもしれません。

 リアのウインカーについては、シーケンシャルかどうかは確認できませんが、横一文字に光るテールランプとハイマウントストップランプが印象的で、これらがリアビューに存在感を与えています。

【画像】爆売れ確実! トヨタ新型ハリアーがカッコ良すぎる!(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

トヨタ新型ハリアーの内装色はコントラストを抑えた色合い
トヨタ新型ハリアーに採用される「電動シェード付パノラマルーフ」。オプション価格は約19万円。
【最新情報】トヨタ新型ハリアーの発売日や価格・納車時期はどうなる?
1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ハリアーはステマしなくても売れるとは思うけど?