どこでも寝られる? 軽自動車の車中泊ブーム 気軽さが需要増のワケ?

世界中でブーム!? VANLIFEってナニ?

 最近ではInstagramなどSNSを中心に、「#VANLIFE(バンライフ)」という言葉が世界的に大流行しています。

 好きなところに好きなときに移動する、自由でミニマムなライフスタイル、旅のスタイルとして、若い世代にも注目を集めているのです。

クルマを中心としたミニマリストなライフスタイルが「VANLIFE」。(Photo by Brina Blum on Unsplash)
クルマを中心としたミニマリストなライフスタイルが「VANLIFE」。(Photo by Brina Blum on Unsplash)

 VANLIFEという言葉を生み出したのは、アメリカ人のフォスター・ハンティントンという男性。彼はもともとニューヨークを拠点に「ラルフ・ローレン」のコンセプトデザイナーをしたり、出版社「ハーパー・コリンズ」で働いたりしていた、いわばエリートでした。

 でもやがて都会のあわただしさに嫌気がさして、2011年にマンハッタンの自宅を手放し、中古のフォルクスワーゲンのバンに乗って旅に出て、ノマドワーカーとなったのです。

 アメリカでは昔から、大きなキャンピングカーやトレーラーハウスで移動しながら暮らすカルチャーが根づいていました。

 近年はインターネットとスマートフォンが普及したことによって、もっと小さな「バン」を使ったスタイルでも仕事やコミュニケーションが可能になったわけです。

 フォスター・ハンティントン氏が発信したVANLIFEというスタイルは世界中の若者に人気となり、今ではInstagramで「#VANLIFE」を検索すれば、700万件近い投稿がアップされています。

 VANLIFEの流れは日本にもやってきています。それが冒頭に出てきた車中泊です。現在では、駐車場や宿泊可能な施設といったスポットを紹介するサービスもすでにスタート。

 また、ホンダでも「VANLIFE クルマと旅する、それぞれの休日」と題したサイトをオープンして、新たなライフスタイルを提案しています。

 いまや世界中でVANLIFEがブームとなり、日本では車中泊ブームとして定番化しているのです。

【画像】憧れる! 車中泊に人気な軽自動車を見る!(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 素晴らしいの一言。車をもって多様化すべきだ。和室ような雰囲気でどうでしょう。