サイズ、パワー共にベストなクルマ!? 1.6リッター高性能コンパクトカー5選

現在、ほとんどのコンパクトカーは1.5リッター以下のエンジンを搭載しています。しかし、かつては1.6リッターエンジンのコンパクトカーが数多く存在し、パワー競争を繰り広げていました。そこで、1.6リッターエンジンを搭載した、往年の高性能コンパクトカーを5車種ピックアップして紹介します。

テンロクFFスポーツコンパクトを振り返る

 現在販売中の国産コンパクトカーは、1.5リッター以下のエンジンを搭載しているモデルがほとんどです。なかには1リッター未満のモデルも存在します。

まさにホットハッチという言葉がふさわしかった1.6スポーツコンパクト
まさにホットハッチという言葉がふさわしかった1.6スポーツコンパクト

 これは日本の税制に沿ったものでで、1.5リッター以下、1リッター以下というのが、自動車税の区分だからです。

 一方で、かつては1.6リッターエンジンを搭載したFFコンパクトカーが多数存在し、激しいパワー競争が繰り広げられていました。

 そこで、1.6リッターエンジンを搭載した往年の高性能FFコンパクトカーを5車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「カローラFX」

FF派のトヨタ車好きにとって理想的なクルマだった「カローラFX」
FF派のトヨタ車好きにとって理想的なクルマだった「カローラFX」

 1984年にトヨタ「カローラ」の派生車として発売された「カローラFX」は、トップグレードの「GT」は1.6リッター直列4気筒DOHCの「4A-GELU型」エンジンを搭載し、欧州のハッチバック車のような洗練されたスタイルでFF派から人気となりました。

 搭載された4A-GELU型エンジンは、「AE86型 カローラレビン/スプリンタートレノ」と同スペックで、最高出力130馬力を6600rpmで発揮する高回転型ユニットです。

 同時期のライバルといえばホンダ「シビック」で、1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載する「Si」グレードは、ロングストロークにより中低回転域のトルクが高いのが特徴で、カローラFX GTはもちろんレビン/トレノをも脅かす存在となります。

 そして、カローラFXやレビンが参戦した1980年代後半の全日本ツーリングカー選手権にシビックSiが投入されたことで、1993年に同レースが終焉するまで1.6リッタークラスにおけるトヨタ対ホンダの熾烈な争いが繰り広げられました。

●ホンダ「シビックSiR」

1.6NAエンジンを搭載車最速の呼び声が高かった「シビックSiR」
1.6NAエンジンを搭載車最速の呼び声が高かった「シビックSiR」

 1989年にホンダは可変バルブタイミングリフトシステム「VTEC」を開発し、自然吸気ながら1.6リッターで160馬力を発揮するエンジン「B16A型」を「インテグラ XSi」に搭載します。

 そして、この1.6リッター最強のエンジンを、インテグラよりも軽量な4代目「シビック」に搭載した「SiR」が発売され、スポーツドライビングを好むユーザーに幅広く受け入れられました。

 B16A型は、当時の市販車では驚異的ともいえる8000rpmという回転数を許容したことで、スピードに魅せられた若者たちを虜にします。

 ハイパワーかつ高回転型のエンジンを搭載したシビックSiRは、当時常勝を誇っていたホンダF1や、全日本ツーリングカー選手権に出場したことで、シビック=スポーツモデルという図式が、世間一般により浸透していきました。

●日産「パルサーセリエ/ルキノ VZ-R・N1」

1.6NAエンジンで過去最高の出力を誇った「パルサーセリエ/ルキノ VZ-R・N1」
1.6NAエンジンで過去最高の出力を誇った「パルサーセリエ/ルキノ VZ-R・N1」

 1978年に日産「チェリーF-II」の後継車として登場した「パルサー」に、1990年には世界ラリー選手権へ出場するためのベース車として「パルサーGTI-R」が追加されるなど、高性能モデルを展開します。

 そのなかでも、1997年に発売された「パルサーセリエ/ルキノ VZ-R・N1」は、車名にある通り「N1」カテゴリーのレースで勝つことを目的に開発されました。

 N1マシンはレギュレーションで改造範囲が最小限に抑えられており、ベース車のポテンシャルがそのままレースの成績を左右することになります。

 そこで、打倒ホンダ「シビックタイプR」を目標に、日産とオーテックジャパンがタッグを組み、パルサーセリエ/ルキノ VZ-R・N1を開発。

 搭載されたエンジンは1.6リッター直列4気筒DOHCの「SR16VE型」で、最高出力はクラストップの200馬力を達成しました。

 さらに、1998年には「パルサーセリエ/ルキノ VZ-R・N1 VersionII」を発売し、シャシ性能を向上するとともに車体の軽量化を図り、さらに戦闘力を上げます。

 しかし、実際のレースではシャシ性能で勝るシビックタイプRにコーナリングスピードで分があり、打倒とはならなかったようです。

 なお、パルサーセリエ/ルキノ VZ-R・N1、同VersionIIともに限定車で、合計500台しか販売されず、いまではかなりの希少車となっています。

【画像】よみがえる青春! 懐かしの1.6スポーツコンパクトカー(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント