トヨタがNTTとKDDI両社と手を組む狙いは? 通信のライバル2社と提携でトヨタが望むものとは

トヨタとNTTが業務資本提携をすることが2020年3月24日に発表されましたが、トヨタはNTTにとってライバルであるKDDIの大株主でもあります。トヨタはなぜ、KDDIに加えて新たにNTTとも手を組むことにしたのでしょうか。

KDDIの大株主であるトヨタはなぜNTTと手を組んだ?

 トヨタがNTTと資本業務提携をすることになりました。お互い2000億円ずつ出資するという内容です。このニュースに接し、事情通は相当驚いたと思います。というのもトヨタは、NTTにとってライバルであるKDDIの発行株数の12.67%を持つ2番目の大株主だからです。

 ちなみに現在の株価でいえば9000億円分に相当し、NTTより圧倒的に多いです。トヨタはなぜ、NTTとKDDIの両社と手を組むことにしたのでしょうか。

トヨタはNTTに何を求めるのか
トヨタはNTTに何を求めるのか

 気になるのはNTTとKDDIの会社規模。時価総額を調べてみると、NTTの9.51兆円に対し、KDDIが7.15兆円です。圧倒的にNTTが大きいかと思いきや、KDDIも頑張っています。

 という状勢のなか、同じ業種であるNTTと組むというのは、一般常識からすれば不思議です。このあたりがトヨタを引っ張る豊田章男社長の面白さでしょうか。

 章男社長は、自動車業界でもあまり垣根を作らないことで知られています。BMWと協業したり、マツダやスズキと資本提携したり。

 そもそも、トヨタのイメージ動画の中で自身が乗っているのはスバルで開発&生産したトヨタ「86」だったりします。鈴鹿サーキットで開催されたモータースポーツイベントでは、ホンダと一緒にイベントを盛り上げます。

 という今までの流れからすれば、通信業界のライバル2社と関係を持つことも不思議ではありません。

【画像】NTTと提携で加速!? 一度は住んでみたい「トヨタの街」を画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 自分のブログで、アベシ、「3大ウマシカ」とか左翼みたいな事を書いているけど、貴殿の自動車評論を信用している保守の読者がいるのを知ってますか? 貴殿の自動車試乗等の記事は、本当に信頼してました。「「ウマシカ」を選んだのは国民ですからって」、私は今でも自民党に投票しますよ。自分のブログですから、好き勝手で問題ないですけど、一部の人からの信用はなくなりますからね。